<< パレスチナ内紛 最新のトラックバック。 >>
2004年 07月 21日
PRIDE武士道 其の四@2004/7/19
PRIDE武士道 其の四をPPVで観戦。
「JRB」に投票もしたので、その結果と感想などを。。。

まずは、JRBのオッズから
光岡映二 82.6% 17.4% 佐々木恭介
阿部裕幸 23.7% 76.3% R・ブスカベ
三島☆ド根性ノ助 57.4% 42.6% M・アウレリオ
D・リスター 85.6% 14.4% A・スロエフ
桜井速人 88.5% 11.5% B・フィンク
美濃輪育久 92.2% 7.8% 山本喧一
杉浦貴 68.5% 31.5% G・シルバ
M・クロコップ 100.0% 0.0% 大山峻護
小路晃 8.9% 91.1% P・フィリオ
五味隆典 87.4% 12.6% ファビオ・メロ
中村和裕 19.3% 80.7% A・ノゲイラ弟


で、自分の予想は

○ 光岡映二 vs 佐々木恭介 ×
○ 阿部裕幸 vs R・ブスカベ ×
○ 三島☆ド根性ノ助 vs M・アウレリオ ×
○ D・リスター vs A・スロエフ ×
○ 桜井速人 vs B・フィンク ×
○ 美濃輪育久 vs 山本喧一 ×
○ 杉浦貴 vs G・シルバ ×
○ M・クロコップ vs 大山峻護 ×
× 小路晃 vs P・フィリオ ○
× 五味隆典 vs ファビオ・メロ ○
× 中村和裕 vs A・ノゲイラ弟 ○
上に300点、阿部vsブスカベの勝敗を逆にしたものに200点。

で、以下は結果と感想。

△ 光岡映二 vs 佐々木恭介 △
挑戦試合第1試合は、ドロー。
判定が無いというのが、悪い方向に進んだ典型的な試合。
「勝ちに行かないと」とか「若さが無い」とか、高田に言われたくないよなぁ。

× 阿部裕幸 vs R・ブスカベ ○
最初の一発が効いたのか、阿部全く何も出来ず。
ブスカベは次に続くだろうが、阿部の試合もまたPRIDEで見てみたい。

○ 三島☆ド根性ノ助 vs M・アウレリオ ×
どちらも積極的に動く展開。
試合終盤、三島がヘロヘロになるものの、どうにか微妙な判定を制する。

× D・リスター vs A・スロエフ ○
「腕を上げろ!」とリスターのセコンドが叫ぶ。
制空権は完全にスロエフが制圧。
緊張感溢れる攻防も、動きが無いからと警告の「レッドカード」。
トップ勢同士の試合で、もっと攻防の少ない展開があっても、観客は沸いているので「警告」なんて入らないのに、観客の認知度が少ないので沸かないだけで、「レッドカード」?
う~ん、流石なPRIDE。
この後も頻繁にレッドカードが宣告されるシーンがあり、、、後述。

○ 桜井速人 vs B・フィンク ×
フィンクのパワーに押されるものの、最後はフロントギロチンチョークで、マッハの一本勝ち。
この辺りは、マッハへのプレゼント的なカードなので、落とすわけにはいかないはず。
そう考えると、少々苦戦してしまったか?

○ 美濃輪育久 vs 山本喧一 ×
終始美濃輪有利のまま試合は続き、マウントからパウンドでKO勝ち。
山本喧一は、これでハッスル行き決定?
美濃輪は、韓国での試合に続いて、やっと今年2勝目。
まだまだ、、、って感じかな?

○ 杉浦貴 vs G・シルバ ×
片足タックルでテイクダウン。
倒してから、少々てこずるも、ハーフガードからのパウンドと、サイドに回ってからの膝蹴りで、ダメージを与えて、タップアウト。
まぁ~、こんなもんでしょ。
でも、このクラスに勝って、ベスト4入りした小川って、いったい。。。

○ M・クロコップ vs 大山峻護 ×
ミルコがローで散らして、至近距離からのアッパーでKO勝ち。
ルックスは良いものの、大山はこの辺りで終わりかな?
ミルコの調子は、このレベルだとまだ分からない。

× 小路晃 vs P・フィリオ ○
小路、スタンディングでフィリオと渡り合うが、いかんせん実力差が露呈してしまう。
どうにか判定までもつれ込み、判定負け。
前回の対決よりは頑張ったが、再戦をするには早かった。

○ 五味隆典 vs ファビオ・メロ ×
両雄が並ぶと、体格差があきらか。
う~ん、ここまで五味の方が大きいとは思わなかった。
その体格差を感じさせないファビオ・メロだったが、五味にパウンドに沈んだ。

× 中村和裕 vs A・ホジェリオ・ノゲイラ ○
中村強し!
いや、判定で負けたものの、ノゲイラ弟を苦しめた。
ルックスが不細工といわれる中村だが、なんだか最近格好良く見えてきたのは気のせい?


レッドカード。
この大会、頻繁に「レッドカード(警告)」が出された。
試合の流れを壊しかねない頻繁さだと思う。
距離感を詰めているような状態でも、「レッドカード」。
つまりは、「観客が飽きないように、、、」ということなのだろうが、それで試合が壊れてもいいのだろうか?
まぁ~、あまり選手は気にしてなかったようだが、そこまで観客至上主義にしてしまっていいのだろうか?

試合内容が面白い大会だっただけに、疑問が残る「レッドカード」だった。

追伸。
スロエフと五味が予想外に強く、2つ外れてしまった。
う~ん、惜しい。

追伸2。
地上波の放送スケジュールです。
7/25(日) 26:20~27:50 フジテレビ
7/28(水) 24:40~25:55 東海テレビ

参照URL
プロレス専門場外馬券売り場「JRB」
Dream Stage Entertainment PRIDE武士道 其の四nikkansports.com
PRIDE Offical Website
[PR]
by barry_lions | 2004-07-21 00:45 | Battle


<< パレスチナ内紛      最新のトラックバック。 >>


アクセス解析