<< ツール・ド・フランス@Hub六... 0720のパレスチナ、イスラエル関連 >>
2004年 07月 21日
ツール・ド・フランス2004@第15ステージ。
ウルリッヒがついに動いた。
ツール・ド・スイスでの逆転勝利の好調が維持出来なかったのか、ここまでランスに遅れを取っていた彼が遂にアタック!
ランス・アームストロング率いるUSポスタルは、ウルリッヒを追撃することは無かったが、集団としてのスピードは急激に上がり、プロトンが解体され、ボエックラーが遂に遅れた。

そのウルリッヒも1時間後には集団に吸収された。
ここからが勝負?いや、明日の山岳TTに足を残したい?
ともあれ、今年のツールの主役達が揃う豪華な先頭集団が出来上がった。

カメラが後方を写している間に、先頭集団が崩れる。
ヴィランク、ラスムッセン、アゼヴェド。
次々とチギれた選手が画面に映し出される。

ランス、バッソ、ウルリッヒ。
この主役達は最終的な先頭集団に残った。
クレーデンに先導されたウルリッヒが、このままゴールを先頭で走り抜けると思われた直後、バッソが飛び出した。
後で静観していたランスが見逃すはずがなく、バッソを捕らえると、そのままゴールラインへ走りこんだ。
ウルリッヒは、途中のアタックで足が残っていないのか、ついていけない。無念。
ランスの物凄いガッツポーズで、第14ステージは幕を閉じた。
7月20日現在 ステージ順位
1 001 ランス・アームストロング USA USP 4h 40' 30"
2 061 イヴァン・バッソ ITA CSC at 00' 00"
3 011 ヤン・ウルリッヒ GER TMO at 00' 03"
4 017 アンドレアス・クレーデン GER TMO at 00' 06"
5 151 リーヴァイ・ライフェマー USA RAB at 00' 13"
6 101 リシャール・ヴィランク FRA QSD at 00' 48"
7 158 ミカエル・ラスムッセン DEN RAB at 00' 49"
8 002 ジョゼ・アゼヴェド POR USP at 00' 53"
9 069 イェンス・フォイクト GER CSC at 01' 04"
10 067 カルロス・サストレ ESP CSC at 01' 24"

これにより、総合が、マイヨ・ジョーヌが、ステージ優勝とともに6連覇を目論む大本命の手に渡った。
7月20日現在 個人総合順位
1 001 ランス・アームストロング USA USP 67h 13' 43"
2 061 イヴァン・バッソ ITA CSC at 01' 25"
3 017 アンドレアス・クレーデン GER TMO at 03' 22"
4 071 フランシスコ・マンセーボ ESP IBB at 05' 39"
5 011 ヤン・ウルリッヒ GER TMO at 06' 54"
6 002 ジョゼ・アゼヴェド POR USP at 07' 34"
7 081 ゲオルク・トーチニヒ AUT GST at 08' 19"
8 129 トーマス・ボエックラー FRA BLB at 09' 28"
9 134 ピエトロ・カウッキオーリ ITA ALB at 10' 10"
10 151 リーヴァイ・ライフェマー USA RAB at 11' 25"
ボエックラーは、9分遅れの8位。
総合の表彰台が遠くなった。
しかしながら、この10日間を楽しませてくれたのは、間違いなく彼。これからは新人賞に切り替える。
とても面白いレースとステージを、ありがとう!


さて、今日は山場中の山場。
今年のツールの天王山。
ラルプ・デュエズの山岳TT。
その第16ステージの見所を引用。
ブール・ドワザン(Bourg-d'Oisans)~ラルプ・デュエズ(L'Alpe-d'Huez)

15.5km(個人タイムトライアル)
今ツールの優勝を大きく左右する、最大の勝負所。最高のアトラクション。なんと個人タイムトライアルのゴール地点が、あのラルプ・デュエズの頂上だというのだから!!ただしTTでタイム差を稼ぎたい、と願う選手(例えばアームストロングとかウルリッヒとか)にとっては、実はそれほど好都合なコースではなさそう。距離も長くない上に、有名な21のヘアピンカーブの存在が、選手たちがリズム&スピードに乗ることを妨げるからだ。逆にTTは得意ではないが山は好き、というグランプールにとっては嬉しいコースとなりそうだ。そして今日のステージは、この登りの最速記録保持者(37分35秒、97年)であり、今年の2月に急逝した山岳王パンターニに捧げられることになっている。
パンターニに捧げられる、今ツール、最大の注目ステージ。

戦前、ここが大一番と考えられていたが、総合のライバル達の失速により、ランスがタイムを落とすか否かが注目となってしまった。
が、マシントラブルや落車が無いとは言い切れないTT。
イヴァン・バッソがタイム差を縮められるか?
注目のステージには違いない。

参照URL
2004 Tour de FranceJ SPORTS OFFICIAL SITE
[PR]
by barry_lions | 2004-07-21 17:21 | Bicycle


<< ツール・ド・フランス@Hub六...      0720のパレスチナ、イスラエル関連 >>


アクセス解析