<< 0724のイスラエル、パレスチナ関連 Anathema / THE ... >>
2004年 07月 24日
ツール・ド・フランス2004@第18ステージ。
なんと、アームストロングが逃げの先頭集団に加わったらしい。
詳細はここで。

う~ん、前半ダイジェストにチラっとは映りましたが、そんなことになっているとは。
ともあれ、その事件が丸く収まると、静かな展開へと。
いやいや、それは総合と山岳に関しての話で、ポイントと新人に関しては、最終日までもつれる可能性もある。
7月23日現在  ステージ順位
1 107 ファンミゲール・メルカド ESP QSD 4h 04' 03"
2 073 ホセビセンテ・ガルシアアコスタ ESP IBB at 00' 00"
3 096 ディミトリ・フォフォノフ KAZ COF at 00' 11"
4 058 セバスティアン・ジョリ FRA C.A at 00' 11"
5 156 マルク・ロッツ NED RAB at 00' 11"
6 044 フアンアントニオ・フレチャ ESP FAS at 00' 11"
7 057 トル・ハスホフト USA RAB at 11' 29"
8 181 ロビー・マキュアン AUS LOT at 11' 29"
9 083 ダニロ・ホンド GER GST at 11' 29"
10 091 スチュアート・オグレディ AUS COF at 11' 29"
昨年の最終個人TTは雨の中で行われ、勝敗に大きな影響を与えた。
今日の予想は「晴れのち曇り」。

では、第19ステージの見所を引用。
ブザンソン(Besancon)~ブザンソン(Besancon)

55km(個人タイムトライアル) 
最終日前日の19ステージは、毎年恒例の個人タイムトライアル。マイヨ・ジョーヌの選手はここで総合優勝を確実にしたいと願い、 ライバル選手は最後の大逆転に望みをかける。もちろんTTスペシャリストたちの、脚の見せ所でもある。
そんな思いが交差する今年最後の大一番のコースは、起伏が非常に多く、かなりの体力が必要になりそうだ。 3週間の疲労の果て、もしかしたら思いがけないほどのタイム差がつく可能性だってある。今年も最後まで、 はらはら、見逃せない展開になりそうだ。
マイヨ・ブランのボエックラーが守りきるか?
ウルリッヒはタイムを縮められるか?

ランスは、バッソとの差が4分もあるので、マシントラブルがあっても影響無いはず。
落車だと話はまた別だけど。。。

ともあれ、ウルリッヒのステージ優勝が見たいなぁ。
参照URL
2004 Tour de FranceJ SPORTS OFFICIAL SITE
[PR]
by barry_lions | 2004-07-24 20:57 | Bicycle


<< 0724のイスラエル、パレスチナ関連      Anathema / THE ... >>


アクセス解析