<< ツール・ド・フランス2004@... 分離壁(アパルトヘイト・ウォール)。 >>
2004年 07月 28日
0728のパレスチナ、イスラエル関連
のニュースをピックアップ。

クレイ首相が続投表明=アラファト議長、改革策の履行約束-パレスチナ
 【ラマラ(ヨルダン川西岸)27日時事】パレスチナ自治政府のクレイ首相が実質的な権限を与えられていないとして辞表を提出していた問題で、アラファト自治政府議長と同首相が27日、ヨルダン川西岸ラマラの議長府で会談した。クレイ首相は会談後の議長との共同会見で、「改革や秩序回復の一歩だ」と述べ、辞表を撤回して続投する意向を表明した。

パレスチナ首相が辞意撤回、議長からの一部権限委譲で
[ラマラ(ヨルダン川西岸) 27日 ロイター] パレスチナ自治政府のクレイ首相は27日、アラファト議長から改革実施の一部権限を委譲されたことを受けて辞意を撤回、自治政府指導部の危機が回避された。
 首相に近い関係者によると、首相は治安関連組織の一部について監督権限を獲得した。治安組織については、米国中心の和平仲介者が腐敗と無秩序を指摘しており、パレスチナとイスラエルの和平交渉にとって大きな障害と見られてきた。

パレスチナ首相が辞意撤回、議長からの一部権限委譲で
 10日前に辞表を提出した首相は記者団に対し、「議長から辞表の受理を拒否されたので、わたしはそれに従わねばならない。議長が今回(改革に)本腰を入れ、有言実行の姿勢を示していることに満足している」と語った。
 ただ、議長は過去にも国際社会からの圧力を受けて同様の改革を約束しながら、今日まで順守していない。米国とイスラエルは今回の発表に対して、懐疑的な見方にある。

クレイ首相が続投を表明-パレスチナ
 カタールの衛星テレビ局アルジャジーラによると、二人は報道陣を前にそろって記者会見した。クレイ首相は、辞表撤回の理由として、アラファト議長が首相に、より強力な治安権限を与えることに同意したことを挙げた。
 首相は、同権限の移譲が、パレスチナ内部の危機を安定させることになろうとも語った。
自治政府高官は同日、アラファト議長が、クレイ首相が警察を主管する権限を持ち、国内治安の権限を行使することに同意したと語った。

クレイ首相が辞表撤回…アラファト氏、治安権限移譲か
 議長は自治政府の全治安組織を統轄する国家安全保障委員会委員長として、治安権限を事実上掌握する。これに対し、首相は、腐敗がはびこる治安組織の改革には治安権限を内閣に移すことが必要だと主張、首相続投の条件として、議長に権限移譲を求めていた。
 ただ、首相は「治安組織の扱いについて議長と取引などしていない」とも話しており、権限移譲がどのような形で行われるかは不明。

[PR]
by barry_lions | 2004-07-28 16:29 | Middle East


<< ツール・ド・フランス2004@...      分離壁(アパルトヘイト・ウォール)。 >>


アクセス解析