<< ロジャー&ミー(Roger A... ビヨンド・サイレンス(Jens... >>
2004年 08月 13日
0811のパレスチナ、イスラエル関連
のニュースをピックアップ(のみ)。

EUのパレスチナ支援資金、不正流用の証拠なし=不正対策局
【ブリュッセル 10日 ロイター】 欧州連合(EU)の不正対策局は10日、EUからパレスチナ当局に送られた資金がテロなど違法行為に流用されたことを示す証拠は見つかっていないとする中間報告を発表した。

EUのパレスチナ支援資金、不正流用の証拠なし=不正対策局
 ただ、これは暫定的な評価で今後も調査を続けていくという。調査は2003年2月6日に開始された。


イスラエル軍の検問所で車爆発、8人負傷
 ヨルダン川西岸の、パレスチナ自治区ラマラからエルサレムに通じる道路に設置されたイスラエル軍の検問所付近で11日、車が爆発し、救急当局によると8人が負傷した。
 イスラエル放送によると、爆発は3回起き、パレスチナ過激派によるテロの可能性が高い。
 イスラエルの治安当局は同日、ラマラからエルサレムにテロ犯が侵入するとの情報を受け警備を強化していた。


エルサレム近郊で爆弾爆発、18人死傷
 【カイロ=松尾博文】イスラエル放送などによると、エルサレムとヨルダン川西岸ラマラの中間地点にあるカランディア検問所付近で11日午後、近づいてきた自動車が爆発、乗っていたパレスチナ人ら2人が死亡、16人が負傷した。自爆テロの可能性があり、パレスチナ解放機構(PLO)主流派ファタハの武装組織アルアクサ殉教者旅団が犯行を表明した。
 カランディア検問所はヨルダン川西岸とエルサレムを結ぶ幹線道路にあり、毎日多数のパレスチナ人が通過する。イスラエル軍はテロ情報を入手し、検問所での警戒を強化していたところだった。
 AP通信はアルアクサ殉教者旅団の情報として、爆発物を積んだ自動車が遠隔操作で爆発したと報じた。イスラエル放送は、自爆テロの実行犯が検問で素性が明らかになることを避けるために爆弾を爆発させた可能性があると報じた。


イスラエル軍検問所に自爆攻撃 7人重軽傷2人死亡
イスラエル・エルサレム北部のカランディア検問所近くで11日、爆発がありイスラエル国境警察隊員7人が重軽傷を負った。パレスチナ人2人が死亡した。パレスチナ過激派による攻撃とみられ、アラファト議長が率いる政治組織ファタハの武装部門、アルアクサー殉教者軍団がAP通信に対して犯行を認める声明を出した。
 爆発があった検問所は、エルサレムとヨルダン川西岸自治区ラマラを結ぶ位置にある。イスラエルのメディアによると、ラマラ方面から走ってきた車が自爆したという。


自動車爆弾で16人死傷=ファタハ系組織が犯行声明-エルサレム郊外
【エルサレム11日時事】エルサレム北郊のヨルダン川西岸にあるイスラエル軍カランディア検問所付近で11日、パレスチナ人の乗った自動車が爆発し、パレスチナ人1人が死亡、イスラエル国境警備隊員やパレスチナ人計15人が負傷した。


イスラエル:軍検問所付近で車爆弾、2人死亡
 エルサレム郊外のイスラエル軍検問所付近で11日、自動車爆弾が爆発した。ロイター通信によると、パレスチナ人2人が死亡し、イスラエル軍兵士を含む16人が負傷した。パレスチナ解放機構(PLO)主流派ファタハ系の武装集団「アルアクサ殉教者団」が攻撃を認めた。イスラエル軍の報復も予想される。【エルサレム支局】


イランが中距離ミサイル発射実験
【テヘラン=岐部秀光】国営イラン放送によると、イランのシャムハニ国防相は11日、中距離弾道ミサイル「シャハブ3」の発射実験を実施したと述べた。対立関係にあるイスラエルが先月末、米国と共同開発した迎撃ミサイル「アロー」の発射実験を米国で実施、成功したことに対応したものとみられる。
 米カリフォルニア州で実施したイスラエルのアローミサイル発射実験では、初めてスカッドミサイルを破壊することに成功した。イランは「シャハブ3」の飛距離や性能を高めることで、イスラエルのミサイル防衛網の「無力化」を狙っているとみられる。イスラエルはイランの核兵器開発を警戒しており、双方のミサイル開発競争が加速している。
 一方、ハタミ・イラン大統領は同日、米国がイランの核開発問題を国連安保理に付託するよう圧力をかけている問題で「(核の平和利用は)国家の当然の権利であり、あきらめるつもりはない」と発言。安保理への付託は国連制裁につながる可能性もあるが「代償を支払う用意はある」と述べ、譲歩はしない立場を強調した。


イラン、中距離ミサイル発射実験…イスラエルけん制?
【テヘラン=緒方賢一】イラン国防省は11日、中距離弾道ミサイル「シャハブ(流星)3」(射程約1300キロ)の発射実験を行ったと発表した。同省は実験の目的を「ミサイルの改良点を評価するため」とだけ説明した。
 だが、核問題を巡る緊張が高まる中、イランは敵対するイスラエルが自国の核関連施設への限定空爆に踏み切ることを警戒しており、報復手段を保持していることを示し、イスラエルをけん制する狙いがあると見られる。

[PR]
by barry_lions | 2004-08-13 01:46 | Middle East


<< ロジャー&ミー(Roger A...      ビヨンド・サイレンス(Jens... >>


アクセス解析