<< 0813のパレスチナ、イスラエル関連 ロジャー&ミー(Roger A... >>
2004年 08月 14日
頑張れ!ニッポン!?
アテネオリンピックがいよいよ開幕する。
注目する競技は、ロードと女子レスリング。

ロードは、ウルリッヒの活躍を見たいものの、恐らくダイジェスト扱い。
女子レスリングは、日本人が活躍するので、必ず放送される。
ただ、一つ前の世代で女子レスリングを支えてきた選手が出られないのは、残念。

4年に一度という周期に、スポーツ選手のピークを考えると、オリンピックとは残酷な大会だ。
そして、このオリンピックで一番、不思議なのは、突然ナショナリストが増えること。

日本人が頑張るところを見て何が楽しいのかが分からない。
普通にスポーツが好きなら、好きな選手の活躍を見たいと思うはずなのに、その競技や選手への興味よりも、日本代表という部分がクローズアップされる。

「頑張れ!ニッポン!」とかいうスローガンも不思議。
好きな選手を応援する。
感動させてくれた選手を応援する。
それがスポーツ観戦の基本だと思う。
そこに国という定義は必要なのだろうか?

何度も日本人がメダル獲得シーンを放送する時間があるなら、他の競技も放送してほしいものだ。

オリンピックとは、スポーツの最高峰を展開しながらも、(自国の選手が活躍しない限り)それを見る事が出来ないという大会。
そんな不思議で残酷なオリンピックが、いよいよ開幕する。
[PR]
by barry_lions | 2004-08-14 01:23 | Memo


<< 0813のパレスチナ、イスラエル関連      ロジャー&ミー(Roger A... >>


アクセス解析