<< ジョンQ―最後の決断― 0906のパレスチナ、イスラエル関連 >>
2004年 09月 07日
イスラエルの報復始まる。
イスラエル軍がガザ空爆、パレスチナ人8人死亡
 【エルサレム7日共同】パレスチナ自治区ガザ市からの情報によると、イスラエル軍は7日未明、ガザ市を空爆、病院当局によると、少なくとも8人のパレスチナ人が死亡した。 (07:15)

イスラエル、バス同時テロ報復でガザ空爆・14人死亡
【エルサレム7日共同】イスラエル軍は7日未明、パレスチナ自治区ガザ市東部にあるイスラム原理主義組織ハマスの拠点をヘリコプターでミサイル攻撃、病院当局によると、パレスチナ人14人が死亡、約30人が負傷した。
 8月31日にイスラエル南部ベエルシェバで16人が犠牲となったバス同時自爆テロへの報復。ハマスの反発は必至で、暴力の応酬は一段と激化しそうだ。

ガザ空爆、14人死亡 バス同時自爆テロ報復
 イスラエルのシャロン首相は2005年末までのガザ地区撤退を掲げているが、ハマスは撤退後の統治に参加する動きを見せている。対パレスチナ強硬派は「テロの温床になる」として撤退方針に異議を唱えており、首相は撤退前にハマス壊滅を図る意向とみられる。
 空爆当時、ハマス拠点では活動家の若者ら数十人の訓練が行われていた。軍ヘリコプターは少なくともミサイル5発を発射したという。

ガザでテロ報復14人死亡、暴力応酬激化
 イスラエル放送によると、今回の攻撃はベエルシェバでのテロ直後に開かれた治安会合の場で決定された。イスラエル軍は空爆の理由について、標的となった拠点でロケット弾や爆発物を製造、イスラエルに対するテロ訓練が行われていたためだとしている。(共同)

イスラエル軍:ハマス訓練施設を攻撃、13人死亡
 標的になったのは、ハマスがトレーニングなどに使用しているサッカーグラウンドとその付属施設。目撃者によると、大きな爆発が立て続けに発生した。当時、上空にイスラエル軍武装ヘリが飛来していたとの情報もあり、ヘリからのミサイル攻撃か戦車による砲撃とみられる。死者のほとんどはハマスの活動家だったが、負傷者には爆発に巻き込まれた一般住民も含まれている模様だ。

イスラエルがガザ地区のハマス訓練拠点を砲撃、14人死亡
 戦車は、イスラエルとガザの境界付近から、ハマスが活動拠点としている町シジャイヤの郊外に向けて砲弾を撃ち込んだ。ハマスは、先週イスラエル南部で16人の死者を出した同時自爆攻撃に関与した。
 目撃者によると、イスラエルとパレスチナ武装勢力の間で交戦があった後、ハマス訓練施設で砲弾がさく裂した。

イスラエル軍爆撃、ガザで14人死亡 過激派拠点標的か
 イスラエルは05年末をめどにしたガザ撤退を控え、撤退後にガザで過激派が支配権を築かないよう、過激派指導者や施設を標的にした攻撃を続けており、今回の攻撃もそのひとつとみられる。

イスラエルがガザ地区のハマス訓練拠点を砲撃、14人死亡
[ガザ 7日 ロイター] 目撃者や医療関係者によると、イスラエル軍は7日、戦車や武装ヘリコプター、軍用機などでガザ地区のイスラム原理主義組織「ハマス」の訓練拠点を攻撃した。この攻撃で武装組織メンバー14人が死亡、20人以上が負傷した。

先月末のバス同時自爆テロ事件への報復が始まった。
正面から向き合っては、ハマスに返す力など無いだろう。
こうやって、ハマスの弱体化を目論んでいるのだとしたら、イスラエルは作戦通りに事が進んでいることになる。
が、実際は、イスラエルの内政ゴタゴタを見る限り、報復も行き当たりバッタリの感が否めない。

ガザ地区撤退とパレスチナ自治問題。
この問題に影響を与えると思われるこの報復も、あまり影響が無かったりするかもしれないのが、今のパレスチナ、イスラエル問題だったりする。
それだけ、問題が頑固で根深くなってきているような気がする。
[PR]
by barry_lions | 2004-09-07 13:04 | Middle East


<< ジョンQ―最後の決断―      0906のパレスチナ、イスラエル関連 >>


アクセス解析