カテゴリ:Music( 30 )
2005年 01月 27日
最近、買ったCD。
Evil Masquerade / Welcome to the Show
Cradle Of Filth / Nymphetamine

Evil Masqueradeは、元ROYAL HUNTのVo、Henrik Brockmannのバンド。
ネオクラというよりは、クラシックをモチーフにしたメタルって感じ。
面白いんだけど、引用している曲が、すでにHR/HM界で使用しているような曲ばかり。

クラシック界には、他にも沢山面白い曲があるのに、知らないのかそれともポピュラーな曲のみを使用したいのか、この辺りが好みが分かれる所。

Cradle Of Filthは、かなり聞きやすくなった。
この部分も意見が分かれる所だろう。
[PR]
by barry_lions | 2005-01-27 02:38 | Music
2004年 12月 16日
Fan
「ファン」というのは、そもそも何なのだろう?
ファン [fan]
〔フアンとも〕芸能・スポーツなどの熱心な愛好者。また、特定の俳優・選手・人物などをひいきにする人。
「野球―」
大辞林(国語辞典)から
ファン [fan<fanatic(熱狂者)]
映画やスポーツ,あるいは特定の俳優や選手などの熱心な愛好者,支援者.〈昭〉
コンサイス カタカナ語辞典から
fanatic-fa・nat・ic
━━ a., n. 熱狂的な ((about)); 熱狂[狂信]者.
EXCEED英和辞典から
fanatic
【レベル】10、【発音】fэnae'tik、【@】ファナティック、【変化】《複》 fanatics、【分節】fa・nat・ic
【名】 狂信者{きょうしんしゃ}、熱狂的{ねっきょうてき}ファン、マニア
【形】 狂信的{きょうしんてき}な、熱狂的{ねっきょうてき}な
・ Some people become very fanatic when collecting things. ものを集めるようになると、人によっては、熱狂的な愛好家になる。
スペースアルク:英辞郎検索結果から
そのバンドのファンでは無かったので、ポストしようか悩んだのですが、とりあえず記しておきます。
ex-PANTERAのDimebag Darrellがライブ中に射殺されるという事件がおきました。

最初はkizz_army さんの『KISSフリークでしたよね?』で知りました。
また、iamlazyさんのところでは、RIP Darrellというカテゴリーを作り、沢山の情報を載せてくれています。

☆________________________________☆
[PR]
by barry_lions | 2004-12-16 14:40 | Music
2004年 11月 02日
Aeternitas/La Danse Macabre
大雑把な表現をしてしまえば、RHAPSODYのミドルテンポな演奏をバックに、LACRIMOSAのTILOが歌うみたいな感じ。
RHAPSODYとLACRIMOSAのシンフォニックな部分がシンクロして、良く言えば壮大に、悪く言えば大袈裟に絡み合っている。もちろん聴きごたえは十分。
AETERNITAS was founded in 1999 by Alexander Hunzinger and Anja Malchau. The year 2000 saw the release of their successful first album "Requiem", a musically manifold mix from classical elements to metal with original old Latin lyrics.

In 2002 the recordings for the second album "La Danse Macabre" started and were finally finished at the end of 2003 after the change to Serpina Records and Armageddon Products.

With this album, AETERNITAS combines modern gothic metal with classical, electronic and theatrical influences leading to the incomparable symbiosis of dark and melancholy Gothic-Theatre-Metal!

Serpina Recordsのバイオ(↑)を読むと、1999年にAlexander Hunzinger(Vo)とAnja Malchau(Key)が結成して、2000年にはファーストアルバムの「Requiem」をリリース。この「La Danse Macabre」はセカンドアルバムということだ。

う~ん、「Requiem」も聴いてみたい。


トラックバックURL。
AETERNITAS / La Danse Macabre (Gothic Metal)DARK MOON PALACE

参照URL。
Aeternitas
Serpina Records
[PR]
by barry_lions | 2004-11-02 13:24 | Music
2004年 10月 26日
買ったCD。
Autumn Tears
Eclipse

Via Mistica
Fallen Angels

Elis
Dark Clouds In A Perfect Sky

Dawn Desiree
Dancing, Dreaming, Longing...

Aeternitas
La Danse Macabre
[PR]
by barry_lions | 2004-10-26 02:45 | Music
2004年 07月 31日
Anathema / alternative 4
a0011865_23271142.jpg 1.shroud of false
2.fragile dreams
3.empty
4.lost control
5.re-connect
6.inner silence
7.alternative 4
8.regret
9.geel
10.destiny
11.the silent enigma
PCCY-01258(1998)

「Anathema」的雰囲気である幻想的な空間を遮断して、Paradisc Lostの「One Second」のような暗いロックへと変身を遂げた4nd。
Paradisc Lostは思い込みが少ないため、快く受け入れられたが、Anathemaに対して少し戸惑ったのも事実(前作の流れから、予想できたことではあるが)。
一般的なリスナーには聴きやすくなったともいえる。

このアルバム制作前にドラマーが脱退している。
M11はボーナストラック。
[PR]
by barry_lions | 2004-07-31 23:28 | Music
2004年 07月 26日
Anathema / Eternity
a0011865_12414189.jpg 1.SENTIENT
2.ANGELICA
3.THE BELOVED
4.ETERNITY PART 1
5.ETERNITY PART 2
6.HOPE
7.SUICIDE VEIL
8.RADIANCE
9.FAR AWAY
10.ETERNITY PART 3
11.CRIES ON THE WIND
12.ASCENSION
13.FAR AWAY(ACOUSTIC)
14.ETERNITY PART 3(ACOUSTIC)
15.SLEEPLESS'96
PCCY-01050(1996)

英国のゴシック・メタルバンド「Anathema」の3rd(間にミニアルバムを出しているが、フルアルバムとして考えれば)。
2ndのジャケット同様に、英国の新古典主義画家「ライト・オブ・ダービー」を使用しており、ジャケット同様に幻想的な空間を作り上げている。
前作もプログレ的アプローチが伺えたが、こちらはそれが顕著で、メタル色が激減している。
メタル的な音では無くなったが、美しいメロディーと「Anathema」的雰囲気は健在である。
曲名を見てもらえば分かるが、アルバムがコンセプト的にまとまっており、「Anathema」の世界を際だたせている。
[PR]
by barry_lions | 2004-07-26 12:43 | Music
2004年 07月 24日
Anathema / THE SILENT ENIGMA
a0011865_16235736.jpg 1.Restless Oblivion
2.Shroud Of Frost
3. ...Alone
4.Sunset Of Age
5.Nocturanl Emission
6.Cerulean Twilight
7.The Silent Enigma
8.A Dying Wish
9.Black Orchid
10.Eternal Rise Of The Sun
PCCY-00953(1995)

ジャケットの美しさと同様に陰鬱の中に入り込む光(メロディー)が際だつ傑作。
(曲によるが)ゴシックでありながら、暴力性をも失っていない。メタル性を重要視しないゴシック・メタルバンド(後のAnathemaもだが 笑)が多いことを考えると、このアルバムは、ゴシックのメタル的部分をも十分に活かしたといえる。

承知のとおりこのアルバム作成前にヴォーカルであり、オリジナルメンバーであったダーレン・J・ホワイトが解雇されている。音楽的な相違よりも性格的な衝突であろうというのが大方の見方である。
M10はボーナストラック
[PR]
by barry_lions | 2004-07-24 16:26 | Music
2004年 07月 19日
Anathema / THE CRESTFALLEN EP + PENTECOST 3
a0011865_1615518.jpg
(THE CRESTFALLEN EP)
1. ... And I Lust
2.The Sweet Suffering
3.Everwake
4.Crestfallen
5.They Die


a0011865_1616264.jpg
(PENTECOST 3)
6.Kingdom
7.Mine Is Your To Drown In(Ours Is The New Tribe)
8.We. The Gods
9.Pentecost 3
10.Memento Mori
PCCY-00952(1996)

ポニーキャニオンさんが実現させた92年発表のEP「THE CRESTFALLEN EP」と95年発表のEP「PENTECOST 3」の2in1CDだ。
PEACEVILLEからのデビュー作となる「THE CRESTFALLEN EP」は、重さと陰鬱をメインに曲が進み、合間合間にM3における女性ヴァーカルやM4のピアノなどの美しさを入れるといった手法だ。
全体的には代表作とされる2ndや3rdのような美しさよりも、ダークな雰囲気を貫いたゴシック色を協調する作品になっている。
ダーレン・J・ホワイトの脱退劇により話題性には事欠かないのが「PENTECOST 3」だ。
Anathemaの歴史からみると(次の作品である)「THE SILENT ENIGMA」へ脱皮する為の作品と考えられている。
「THE SILENT ENIGMA」的な音楽アプローチとデス声ではないダーレンのヴォーカル。
結果「もっと鋭く、突き刺さるようなヴォーカル」を望んだ為にダーレンは首になったといわれる。
が、改めて聴いてみると、この仲違いした両者の個性がうまく活かされていて、独自の空間を作り上げているから不思議だ。
もっとも、ゴシック・メタルというジャンル自体不可思議なジャンルなので、問題作が名作となるのは不思議の内に入らないのかもしれない。
[PR]
by barry_lions | 2004-07-19 14:23 | Music
2004年 07月 18日
Anathema / SERENADES
a0011865_195132.jpg 1.Lovelorn Rhapsody
2.Sweet Tears
3.J'ai Fait une Promesse
4.They (will always) Die
5.Sleepless
6.Sleep in Sanity
7.Scars of the Old Stream
8.Under a Veil (of Black Lace)
9.Where Shadows Dance
10.Dreaming : The Romance
VILE 34CD(1993)

Darren J White(Vo),Vincent Cavanagh(g),Duncan Patterson(b),Daniel
Cavanagh(g),John Douglas(Dr)というメンバーで結成された「Anathema」の(フルレンスとして)ファーストアルバム。
ある意味では、正当なドゥーム/ゴシック路線の音である。
陰鬱で引きずるようなギターに唸るデス声が被り、暗黒の世界を作りだす。
所々で実験的というか、後々の彼らの片鱗も伺えるが、(以後の作品とは)基本的には別ものと考えていいだろう。
M10は23分もする大曲だ。完全なる雰囲気物なので、BGMとしてどうぞ。
[PR]
by barry_lions | 2004-07-18 19:52 | Music
2004年 07月 16日
EVANESCENCE / Fallen
1 Going Under
2 Bring Me To Life
3 Everybody’s Fool
4 My Immortal
5 Haunted
6 Tourniquet
7 Imaginary
8 Taking Over Me
9 Hello
10 My Last Breath
11 Whisper

Evanescenceを始めて知ったのは、WWEの特番で「Bring Me To Life」が使用された時だった。
それから、ネットで検索して出てきたのが、映画「デアデビル」だった。
物悲しい女性Voに、スクリームVoとギターが被さるという、典型的なゴシックメタルの「Bring Me To Life」。

サントラを購入しようかとも思ったのだが、デビューアルバムが出るとのことで、アマゾンで輸入盤を注文。

ゴシックメタル色の強い「Bring Me To Life」を気に入って買ったので、その手の曲調の強い曲を期待するが、巷で聞いていたLINKIN PARKのフォロワーという評価は正しく、全体的にはゴシック色は薄かった。
が、皆無というわけではなく、LINKIN PARKよりもダークな曲調。

少々、落胆はあったものの、米国からこの手のバンドが出てきた事に、大きな驚きと期待を感じた。


参照URL
Evanescence :: Japan Official Site
デアデビル 公式サイト
[PR]
by barry_lions | 2004-07-16 17:08 | Music


    


アクセス解析