カテゴリ:Battle( 119 )
2006年 06月 09日
無敗。
a0011865_1812692.jpg大相撲から転身し活躍したテンタさん急死

ヒクソンの無敗神話は記録に残っていなくても、琴天山の無敗記録は大相撲の歴史に刻まれている。
レスリングでの実績を引っさげて各界入りしたジョン・テンタは、序の口、序二段、三段目と連続優勝を果たし、24戦無敗のまま大相撲を後にした。
アメリカンフットボールでも活躍したとされているテンタだけに、そのまま大相撲を続けていれば、大相撲の歴史も変わったであろう。
もちろん、ポテンシャル的には横綱クラスであっても横綱になれないケースもあり、彼が名横綱になったはず!とまでは言わないものの、活躍したのは疑いの余地が無い。

「大相撲からの失踪事件」「新日と全日を両天秤」という出来事で、世間からの印象を悪くしたままプロレス界入りしたテンタだったが、大相撲出身のレスラーが数多く活躍し、大型レスラーを好んでいた馬場体制が水にあったのか、全日本でのんびりと成長していく。
体重を落とせという馬場命令を全く気にかけず、増量したのに動きが良くなったというエピソードは、テンタのマイペースらしさで溢れている。

彼のPrime Timeは、全日から移籍したWWF(現WWE)での活躍だろう。
アースクエイク・ジョン・テンタというキャラでホーガンのライバルに抜擢された彼の活躍に、新人レスラーの域を出た程度のイメージしか無い日本のプロレスファンは驚いた。
その後、ハリケーンとのタッグでナチュラル・ディザスターズを結成し、中堅どころに落ち着いた活躍をしていた彼は日本(SWS)に再来日する。

ここで例の「八百長野郎!」事件が勃発する。

噂では、北尾との2連戦で「東京ドームではテンタの勝利」「神戸では北尾の勝利」という流れだったのだが、プロレス界での大ヒールである北尾を破ったテンタに東京ドームが大歓声包まれる。これに北尾が気分を害したらしく、事件のキッカケがここで生じる(ちなみに、プロレスファンから同じく嫌悪されていたSWSで、始めての賞賛されての大歓声だったとも言われている)。
日付が変わった神戸では、北尾が勝つマッチメークだったのだが、彼はドームでの不快感を払拭すべく、テンタの技を受ける事なく圧勝しようという行動に出る。片や横綱出身、対するは無敗とはいえ三段目止まりの各界出身の両レスラー。北尾にしても意地があったのだろう。
が、ここでテンタが怯む事無く迎え撃つ姿勢に。
日本人離れした体格で、ガチでは最強と言われていた北尾だが、テンタの反撃体制にビビってしまいそのまま試合放棄。
その時、例の「八百長野郎!」というマイクアピールを北尾が残していった。

テンタは後のインタビューで、控え室に戻ると仲間レスラーから拍手で迎えられ、その後に多くのリスペクトを受けることになったと話している。
レスラー仲間からも、強いとされていた北尾の我儘を打ち砕いたのだから、当然の結果だろう。

その後、WWFと日本で活躍していたが、膝を悪くしてWWFを離脱。
膝のリハビリを兼ねて、WARに来日するようになる。
WWFで活躍していた頃のような戦い方ではなく、かなりのんびりなファイトスタイルであったが、それも彼の明るい性格を反映しており、好感が持てた。

WCWにもキャラを変え何度も登場したが定着せず、WARが規模を縮小して大物外国人レスラーをシリーズを通じて呼べなくなると、実質リタイヤ状態になり、トラック運送の会社を運営していたと聞く。

スポット参戦としてWWEに出場したり、全日の最強タッグに天龍のパートナーとして来日したりしたものの、完全なプロレス復帰はしなかった。

安定した生活を選んでいたテンタであったが、白血病には勝てなかった。
まだ若かった事を考えると、ガンの進行も早かったのだろう。
ともあれ、テンタの沢山の試合を、テレビや生で観られた事は、一プロレスファンとして、とても誇りに思う。

トラックバックURL。
ジョン・テンタが白血病で死去消息筋 昭和オヤヂのプロレス・格闘技blog

参照URL。
テンタ死去小佐野景浩公認サイト Maikai

HITACHI I.mega HDC-303X
[PR]
by barry_lions | 2006-06-09 18:11 | Battle
2006年 06月 08日
PRIDE騒動。
a0011865_16371523.jpgPRIDEやハッスルシリーズを主催しているDSEとの契約をフジテレビが電撃解除した。
これによりフジテレビ系列での放送が完全に無くなった。
また、試合以外でのスポーツバラエティにおいてもDSEと契約している選手を以後出演させないという徹底ぶりで、フジはDSEをバッサリと切り離した。
DSEは、運転資金の大半を占めるといわれる放送権による収入が無くなり、PRIDE自体の存続も危ういというのが今の状況だ。

PPVで放送しているスカパーの大株主にフジテレビ
がいるわけで、スカパーの放送も無くなるのでは?というのが大方の見方だ。
それを裏付けるように、スカパーの放送予定からDSE関連の情報が消されている。

また、DSEという会社もWikipediaの書き込みによれば、スカパーがテレビ制作会社のイースト
と共同で出資しているようだ。
そうなると、フジの孫会社みたいなDSE自体の存続にも疑問が残る。

週刊誌の暴露記事で、暴力団との関係が露呈したのがきっかけとされているが、この業界に関わらず、多かれ少なかれ、あっちの業界とは皆さん繋がりがあるわけで。。。
過去、色々な芸能人やスポーツ選手または政治家さんが、ヤクサ屋さんとの繋がりがバレて大騒ぎになったりするわけだが、消えていく人は少数で、多くの人が生き残り、もしくはあまり話題にもならなかったりする。
# 亀田親子はどうした?

ともあれ、フジテレビがそれだけの事でPRIDEやハッスルを手放すのだろうか?
脱税と暴力団を使った脅迫行為にそれほどの差があるとは思えないが、石井館長の脱税でK-1の放送が無くなってはいない。

脱税 → 5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金
脅迫行為 → 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

まぁ~、スポンサーの問題とか、もっと複雑で相容れない事情があるんだろうなぁ~と勝手に推測。

そんなわけで、日本の総合格闘技界のトップを走ってきたPRIDEが、先頭グループから離脱する可能性が濃厚になってきて、多くのファンが落胆している。

でも、PRIDEって結局、ギャラが高かったから、世界のトップレベルの選手が集まっていただけで、受け入れられる器があれば、何処でも同じようなモノを開催出来るのでは?
その点、選手育成に力を入れているその他の格闘団体とは一線を画していると思う。ネガティブな意味で。
きっと、PRIDEでなければダメなんて選手はいないだろう。

また、PRIDEファンの中では何かと評判の良い試合前の煽りVTRだが、インタビューを(戸田先生も真っ青なくらい)捏造してのキャラ作りには、かなり疑問があったので、個人的には無くなってくれると嬉しい。

さて、PRIDEや日本の総合格闘技界が、これからどうなるかは分からないが、死に体であるプロレスにも逆風が吹くと思われ、気が重くなる出来事であることは間違い無い。

HITACHI I.mega HDC-303X
[PR]
by barry_lions | 2006-06-08 16:37 | Battle
2006年 05月 15日
デラホーヤ、最終章。
a0011865_4225627.jpg傍若無人なラフファイターのマヨルダを相手に、完璧なボクシングを披露したゴールデンボーイ。
ゴリゴリ押してくるマヨルダに対して、細かく迎え撃つ作戦は予想通りながらも、1Rでダウンを奪った左フックは見事の一言。
フィニッシュのラッシュと合わせて、芸術的な粋に達している。

次が引退試合とされているデラホーヤ。
噂されているスピードスター・メイウェザーだとすると、超ド級のスーパーファイト。

それにしても引退は勿体無い。

AH-K3001V
[PR]
by barry_lions | 2006-05-15 04:23 | Battle
2006年 05月 09日
K-1 WORLD GP 2006 IN LAS VEGAS
a0011865_20452338.jpg見るつもりは全く無かったんだけど、なぜかK-1 WORLD GP 2006 IN LAS VEGASをCSで観戦。

レベル云々で考えると褒められた大会では無かったが、トーナメントの決勝でグッドリッジが逆転KO負けをするなど面白い展開。

中でも一番笑えたのは、チェ・ホンマンのダンスに対する大ブーイング。
プレデターの頑張りにスタンディングオべーションで称えたのとは対照的な反応。
ラスベガスのファンは、K-1の思惑通りには反応してくれないって。
それなのに実況はチェ・ホンマンをヨイショ。
面白すぎ。

AH-K3001V
[PR]
by barry_lions | 2006-05-09 20:40 | Battle
2005年 12月 14日
真鍋かをり、焼き鳥を喰らう。
http://serverdog.com/?db=jiko
↑のアドレスの「No.205 特別ゲスト 2005-11-27 10:44:26」で、K-1のリングサイド1列目に座っている真鍋かをりの動画が見られる。
見てもらえばわかるが、休憩中か試合前のリングサイドレポートの画面の端っこで真鍋かをりが焼き鳥を食べているのが映りこんでいる。

何の問題も無いこの映像だが、掲示板では「プライベート、人前で焼き鳥を食べる」ということが話題になっている。

この話題は中々興味深い。

まず「プライベート」。
格闘技やプロレスファンなら周知の事実なのだが、K-1を主催しているFEGやPRIDEを主催しているDSEは、リングサイドの1列目に芸能人を並べる。
いや、正確にはリングとリングサイド1列目に芸能人を配置する。
# 入退場は関係者入り口を使ったりする。
テレビ中継時に、視聴者が観客席に芸能人を見つけて「わぁ!こんな人も見ているんだ!」と流行っている感じをもたせる為だ。
つまりは、芸能人にとってプライベートではあるものの半ば営業的な面もあったりする。
# 興行主かテレビ局からギャラが出ているかもしれないけど。

今でも、あのような場面を完全なプライベートって思う人がいるというのは、本当に意外だった。
そういう人に限って、プロレスをインチキと批判して、ドキュメント風バラエティで感動しちゃうタイプなのかもしれない。
テレビって人が騙されやすいメディアなんだなぁ~と改めて実感。

次に問題になっている「人前で焼き鳥を食べる」という件。
これはさっぱりわからない。
顔も可愛いし頭も一応いいみたいだけど、育ちというか品の悪さにはちょっとがっかり。つーか元からだけど。
美形・知的で売ってる女性タレントが、いくらプライベートとは言え放映中のカメラの脇で男と焼き鳥食いながらリング観戦、品が悪いと思われてもしょうがない。職業柄もっと気をつけろってこった。 2005-11-30 08:41:37
う~ん、上記の何処が品が無いのかがさっぱりわからん。

女性は人前で焼き鳥を食ってはいけないって事?
それとも焼き鳥を食いながらのリング観戦がダメ?
それとも、リング観戦自体が下品?

ちなみに、相撲って升席で観戦しながら焼き鳥を食べるのが通例だったりするけど、相撲を観戦するって事は、それ自体が下品だとするんだろうか?
まぁ~、実際は、この発言者の女性に対する固定概念が、この意見の柱を作っているんだと思うけど。

ちなみに、発言をした人物は、管理人さんに「IPを調べればわかる」って発言された後に、黙ってしまった。
これもまた良くある展開だなぁ。

トラックバックURL。
出会った~(ウルルン風に)眞鍋かをりのココだけの話
[PR]
by barry_lions | 2005-12-14 22:29 | Battle
2005年 12月 10日
Sの遺伝子、Uの遺伝子(その1)。
日本におけるPRIDEなどの総合格闘技ブームは、UWFの下地があったからこそとされているが、個人的には、UWFという過去のムーブメントを食い物にして、日本の総合格闘技が根付いたのであり、そこにUWFにおける技術や経験が生かされていない事を考えると、遺伝子として残っているとは思えない。
アメリカにおけるレスリングが、その技術と経験を生かして、総合格闘技に遺伝子を残して、多くのレスラーが活躍しているのとは、雲泥の差だ。
柔術にあそこまで併合しないで、UWFで根付いた脇固めや腹固めなどを、総合で生かせるように追求していたら、また違った展開だったのでは?と思うと残念でならない。

さて、それでは、世の中にUの遺伝子が残っていないかといえば、それもまた違っていて、その時代を経験した日本のプロレスファンの心にしっかり焼き付いており、そしてそれは、これからも語り継がれていくのであろう。

対するSWSは、様々な実験的な取り組みが、多くの興行で取り上げられているにも関わらず、SWSという団体の評価が再認識されることは少なく、またプロレスファンの心にも(良い印象として)残っているとは言い難く、つまりは遺伝子は途絶えたと言って良いだろう。

ファンの意識レベルという面で考えれば、UWFを強く押してSWSを徹底的に批判したターザン山本氏の全面的な勝ちなのかもしれない、と思う今日この頃。

>果たして、Sは本当にプロレス界に影響を残してないのか?今のプロレス界にSの遺伝子は存在しないのか?

UWFに負けないくらいの影響をSWSは残したものの、SWSという名の遺伝子は残らなかったと、自分は考る。
天龍やウルティモなどの遺伝子が、日本マット界に強く根付いていることを考えるともう少しどうにかならなかったのだろうか。。。
[PR]
by barry_lions | 2005-12-10 23:51 | Battle
2005年 11月 20日
エディ・ゲレロ選手追悼番組
WWEのRAWとSMACK DOWNを放送している「J SPORTS」で、通常の放送とは別に、エディ・ゲレロ選手追悼番組が放送されることに。
# 日本語版が間に合わないのか、英語版(つまりノー編集)で放送とのこと。

WWE エディ・ゲレロ選手追悼番組 緊急編成のお知らせ
■放送日時
WWE ロウ #651 エディ・ゲレロ選手追悼番組 Vol.1 (英語版)
11月21日(月) 15:00~17:00 J SPORTS 3

WWE スマックダウン #326 エディ・ゲレロ選手追悼番組 Vol.2 (英語版)
11月22日(火) 16:00~18:00

※日本語版は12月5・6日に放送予定。詳しくは特集ページで
http://www.jsports.co.jp/new/notice/notice_051116.html

[PR]
by barry_lions | 2005-11-20 01:02 | Battle
2005年 11月 17日
新日事情。
A猪木が保有していた新日本プロレスの株51.5%を、ゲームソフトで有名なユークスが買い取りM&Aが成立。
これにより新日本プロレスは、毒手といわれていた猪木の支配権から逃れ、ユークスの子会社になった。

M&Aなんて世界的に下火だし、双方に利点があるなら、変に大騒ぎする必要も無かったりするとも思うのだが、メガネスーパーの時で分かるように、プロレスファンは良く言えばコンサバで、悪くいえば愚弄だったりもするので、このM&Aで色々な意見が聞けて面白い。
まぁ~、保守的が馬鹿とイコールでは無いし、プロレス系のblogでもネタとして馬鹿を言っている人も多いのも事実だったりするのだけれども。。。

ちなみに、今回話題になったのは、上場してなければ敵対的買収(敵対的M&A)は出来ないのでは?ということだが、それは市場的には正しいものの新日的には正しくないのでは?と思う。

通常のM&Aと敵対的M&Aの違いは、「取締役会の同意を得ないで買収」か否かなので、買収前の決定権を握っていたのは、紛れも無くA猪木氏。
つまり、残りの49%が反対する企業にA猪木が売ってしまえば、形式上は通常のM&Aながらも、実質は敵対的M&Aになりえるわけで、彼ならやりかねないと思えてしまうのが、猪木の(良い意味でも悪い意味でも)凄いところだろう。

ともあれ、これで迷走する日本プロレス界のリーダーが、再び起き上がることを期待したい。
[PR]
by barry_lions | 2005-11-17 01:51 | Battle
2005年 11月 14日
さよなら!エディ。
Eddie Guerrero passes away
WWE is deeply saddened by the news that Eddie Guerrero has passed away. He was found dead Sunday morning in his hotel room in Minneapolis. Eddie is survived by his wife Vickie and daughters Shaul, 14, Sherilyn, 9, and Kaylie Marie, 3.
なんともビックリな話題。

日本のプロレスも海外のプロレスも隔てなく大好きな人には、このニュースはさぞショックだろう。
素顔の来日から、2代目BTへ。
そして、ECW→WCW→WWEと活躍して、WWEでは念願のヘビー級頂点へ。
愛されるキャラクターと天才と称されるレスリングセンス。
勿体無いとしかいいようが無い。

追悼興行があったらしいけど(そりゃあるだろう)、テレビ放送があるなら絶対に見ようっと。

寂しいけど、さようなら!そしてありがとう!
エディ・ゲレロという素晴らしいレスラーをリアルタイムで体感出来た事に感謝!
[PR]
by barry_lions | 2005-11-14 21:35 | Battle
2005年 10月 16日
ノア@後楽園ホール(2005.10.8)
この日の実質的なメインは、セミファイナルで行われた天龍 vs KENTAということになるのだろう。
隣の東京ドームでの新日興行を見据えて、どんな熱い戦いが見られるかと期待したが、結果は凡戦になってしまった。

考えられる理由は二つ。
KENTAの当りの弱さ。
天龍の遠慮。
であろう。

やはり体重の差が如実に表れた打撃戦。
元々、体重が上手く乗っておらず、音だけに重点を置いてしまっているKENTAの蹴りでは、体格の差がある相手との打撃戦は(スタミナ的に)どうしても不利だ。
また「ブサイクへの膝蹴り」も、どう見ても「ブサイクな膝蹴り」にしか見えない。
ともあれ、スタミナの完全に切れてしまったKENTAは、試合終盤の蹴りに力が入らず、足の上がらない状態になっていた。

天龍が格下を相手にした時の定番の試合展開は、
思いっ切り攻めさせて、全て受けきった後、思いっ切り攻める。
故に他団体の若手が天龍を相手にする際、インパクトを残しやすい。
また、相手が天龍の同団体の場合は、受けきった後にえげつない攻めで完全に潰す。
どちらにしても、天龍の対戦相手が美味しい展開になるパターンが多い。

そして、この日の試合も、いつもと同じような試合展開。
攻めにインパクトが残せなかったKENTAに対して、ノア内で中途半端なポジションにいる天龍は、完全に叩き潰す事が出来なかった。

試合のレベルでいえば、WARで行われた天龍 vs 平井クラス。
vs 高木、vs 荒谷のような一戦には残念ながらならなかった。
それでも、上記3人よりもKENTAの評価が落ちないのは、普段の試合による信頼の貯金であろう。

ちなみに、天龍のこの手の試合で、一番凄かったのは、2回行われた vs 仲野。
放送禁止ギリギリの天龍の攻めに、仲野の頑張り。
そして何よりファンの気持ちが試合にシンクロした見事な試合だった。

ノア「Autumn Navigation’05」
[PR]
by barry_lions | 2005-10-16 03:26 | Battle


    


アクセス解析