カテゴリ:Bicycle( 81 )
2011年 07月 28日
Eternal Second
a0011865_0155154.jpg



アルド・サッシ
「おまえ(カデル・エヴァンス)はグランツールで勝てると僕は確信している。それがツール・ド・フランスだといいな、最高峰のグランツールだから。ツールで優勝したら、お前はお前の世代の中で最も完成した選手になるんだよ」
そして、確信は現実になる。
__

2007年、ツール・ド・フランス
第19ステージ。個人タイムトライアル(TT)。
エヴァンスは、新鋭コンタドールから遅れること1分53秒で2位につけていた。
得意のTTで23秒差まで迫るものの、そこからの逆転は叶わず2位でフィニッシュ。
表彰台の一番上に残ることが出来ずに、エヴァンスのツールは終わった。

2008年、ツール・ド・フランス
第20ステージ。個人タイムトライアル(TT)。
総合ジャージーはカルロス・サストレ。前年同様2位はエヴァンス。
TTを苦手をするサストレから、TT得意のエヴァンスがマイヨ・ジョーヌを奪い取るのでは?という大方の予想に反し、サストレが好タイムを叩き出し、エヴァンスはまたしても2位。
表彰台の頂点は、この年も奪えなかった。

2009年、ツール・ド・フランス
落車で大きく崩れてしまう。

2010年、ツール・ド・フランス
第8ステージで大量落車が発生。自身も巻き込まれながらも、総合ジャージを手にする。
休息日明けの第9ステージ。
ライバル達から大きく引き離され、結果総合争いから脱落してしまう。
前ステージでの落車の影響で、左肘を骨折していることがゴール後明らかになる。

2011年、ツール・ド・フランス
第20ステージ。個人タイムトライアル(TT)。
総合ジャージーはアンディ・シュレック。エヴァンスは兄フランク・シュレックに続いて53秒遅れの3位。
得意のTTながら、アンディが総合を守り抜くのでは?というのが大方の予想であった。
__

カデル・エヴァンス
「ゴールラインを通過するまでは実感することはできなかったけれど、いまようやく感じることができる。自分が勝ったんだ、と。過去に2回、2位になって、もう少しで手が届かなかったという悔しい思いをしたけれど、こうして勝利を手に入れたあとでは、それも意味があったことだと思えてくるよ。」

昨年亡くなったアルド・サッシだけはエヴァンスの勝利を信じていた。
「アルドは僕がこうしてツールで優勝する前にも、たびたび僕を信じてくれていた・・・今日ここにあるのは彼のため・・・」
優勝したエヴァンスが、言葉を詰まらせながら恩師の思い出を語った。

そして、確信は現実になった。
a0011865_0164695.jpg



[PR]
by barry_lions | 2011-07-28 00:20 | Bicycle
2011年 07月 28日
今年のツールは凄かった!
a0011865_0122777.jpg
優勝候補のコンタドールの不調と好調の日々。
消極的なシュレック兄弟が唯一決めたガリビエ峠でのアタック。
優勝を争う選手の相次ぐ落車とリタイヤ。
 その中には引退を発表しているヴィノクロフも。
伏兵ヴォクレールのマイヨ死守の日々。
フースホフトの「アルカンシエルの呪い」払拭


a0011865_0124666.jpg
そして何よりエターナルセカンドという称号を持つ、カデル・エヴァンスの総合優勝!そして男泣き!


[PR]
by barry_lions | 2011-07-28 00:14 | Bicycle
2008年 08月 28日
ツール2008。
So Far So Good [Best of] ~ Bryan Adams

今年も薬物問題を抱えながらも、様々なドラマを見せてくれたツールが終了した。
そのレースを生放送したJ SPORTSは、番組最後のハイライトとエンドロールにBryan Adamsの(Everything I Do) I Do It for Youが流された。

この恋人を心から思う甘い歌詞は、実はサイクルロードレースにマッチしていたりする。
Don't tell me it's not worth tryin' for
You can't tell me it's not worth dyin' for
アシストがエースの為、チームの為に貢献する。
そこに試す価値や死ぬ価値が無いなんてことはない。
また、その努力が実を結ぶ事もある。第19ステージのシャバネルのように。。。

ほとんど彼のアタックはジョークのネタのようなモノだった。
何度もアタックをしては、最後の最後に集団に飲み込まれる。
第19ステージもそんな予感を誰もが持ったに違いない。

「諦めなければ、夢は叶う」

そんなのは嘘っぱちだ。
勝利の下には、叶った夢の何万倍もの夢が踏み潰されている。
それでも、どうにか届いた栄光と歓喜にカタルシスを感じてしまう。
このツールのシャバネルのように。。。
I would give it all I would sacrifice
Don't tell me it's not worth fightin' for
I can't help it there's nothin' I want more
アシストの努力の上にエースの勝利は成り立っている。

彼らはどんな犠牲でもエースに捧げるであろう。
そこに戦う意味などは求めてはいけない。
欲しいものはエースの勝利であり、それ以外には無い。

数々のエースのアシストを勤めてきたサストレが、今年のツールの総合優勝を決めた。
苦労人のサストレが、パリでマイヨジョーヌを着ることになったのは感慨深い。

そして今年も優勝争いに敗れたエヴァンス。
優勝候補とされながら、今年のツールで初めてマイヨジョーヌに袖を通して、そして静かに涙した。
Ya know it's true
Everything I do - I do it for you
自分のすること全てはチームのためにするということを、君は知っているだろう。
[PR]
by barry_lions | 2008-08-28 02:50 | Bicycle
2007年 09月 02日
ベンガ!ベンガ!ベンガ!
ブエルタが始まった!
ツールは、悲しくて寂しいことがあったけど、最後のTTが面白かったので、オールOK?
で、やっぱり一番悲しかったのは、、、

HUBに観に行ったら、サッカーの日本代表の試合をやっていた事。

えっ~!ステロイド並みのウソツキじゃん!
[PR]
by barry_lions | 2007-09-02 23:33 | Bicycle
2007年 07月 13日
ヴィノ(・・;)
今年もツール、面白過ぎ。
山岳前なのに、色々あり過ぎ。
[PR]
by barry_lions | 2007-07-13 11:28 | Bicycle
2007年 07月 05日
いよいよ。

a0011865_1494588.jpg

夏の季節、といえば、ツール。
あのファンファーレが聞えてきそうな季節になってきた。

今年はロンドンTTからスタートするので、趣が少々変わるが始まってしまえば、同じツール。
様々なドラマを今年も見せてくれるはず。



a0011865_1410116.jpg スプリント。
総合争い。
山岳。
アタック。
チーム戦略。
伏兵。
本命。
逆転。
圧倒。
屈辱。
雪辱。
ひまわり。
そして、悪魔オジサン。

シャンゼリゼの周回コースまで、沢山の喜怒哀楽を選手と一緒に楽しむ。

夏の風物詩であるツール。
幕が開くまで、あと少し。


静かに揺れろ、懐かしの戦車よ。
私を故郷(フランス)に連れて行っておくれ。
[PR]
by barry_lions | 2007-07-05 14:08 | Bicycle
2007年 03月 14日
パリ~ニース。
Nazon claims Paris-Nice stage win

自転車シーズンの開幕を告げるレースであるパリ~ニースが始まった。
しかも、今年から生中継で見られるようになり、LIVEでテレビ観戦出来るレースがまた一つ増えた。

今年の大きな話題は、↓。
Paris-Nice teams facing punishment

最初に読んだ時は、なんの事やらさっぱり分からなかったが、結局は無事にレースが開催されて事なきをえた。
しかし、まぁ~、レースとは関係ない問題が、色々と浮上してくるものだ。

NFLが先月終了して、HDレコーダーが一息付いたのも束の間。
これからは、ロードレースの季節だ。
早くHDの中を整理しておこうっと。

追記。
第2ステージ、オモロすぎ。
[PR]
by barry_lions | 2007-03-14 09:34 | Bicycle
2007年 02月 26日
Ullrich announces his retirement
ウルリッヒが引退を表明!

Ullrich announces his retirement
"I will continue my involvement in cycling, but I'm ending my active career as a professional cyclist," Ullrich said. "I will continue as an adviser at the Volksbank team."
自転車を愛しながらも、昨年のツールに出られなかった事に納得がいかないという感じで、失意のまま引退するのが痛々しい。
昨年のツールで優勝して引退したかったらしいのだが、せめて(現状が許せば)今年のレースでそれを狙って欲しかった。
[PR]
by barry_lions | 2007-02-26 23:03 | Bicycle
2007年 02月 10日
Discovery Channel to quit cycling
Discovery Channel to quit cycling
Lance Armstrong's team will be looking for a new sponsor in 2008 after the Discovery Channel pulled the plug on its backing for the elite cycling squad.
およよ、先日はランディスが今年のツールに出ないというニュースがあったが、今回はディスカバリーチャンネルがスポンサー撤退ですか。

まぁ~、これだけ優秀なチームなんで、すぐにスポンサーが付くはず。
ヨーロッパ進出を考えている企業なら、サイクルロードレースチームのスポンサー料は安いとか。

そういえば、今年からバッソが走るんだっけ>ディスカバリーチャンネル。
[PR]
by barry_lions | 2007-02-10 08:55 | Bicycle
2006年 11月 09日
Basso expected to join Discovery
バッソ、移籍先はやはりディスカバリー!
Two-year Discovery deal for Basso
Italian rider Ivan Basso signed a two-season contract with the Discovery Channel cycling team starting in 2007, team director Johan Bruyneel announced here Wednesday.
兼ねてから噂のあったバッソの移籍先が、その噂通りディスカバリーに決まったようだ。

エース候補をワンサと抱えているディスカバリーに、本命登場といった感じか?
記事を読む限り、バッソにランスの後継者としての期待しているとも読める。
さてどうなる?

それにしても、CNNのメールサービスは便利。
ツール・ド・フランスとキーワード登録しておくだけで、ニュースが更新されるたびに、メールでリード記事が送られてくる。
# ウルリッヒはどうなっちゃうんだろう?
[PR]
by barry_lions | 2006-11-09 09:46 | Bicycle


    


アクセス解析