カテゴリ:Cinema( 47 )
2005年 05月 25日
戦場のピアニスト。
先日、スカパーで鑑賞。
第55回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞の感動ドラマ。実在のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの実体験を綴った回想録を基に、戦火を奇跡的に生き延びたピアニストとその生還に関わった人々の姿を、過剰な演出を抑え事実に基づき静かに力強く描く。自身もゲットーで過ごした過酷な体験を持つロマン・ポランスキー監督渾身の一作。
この時代、ポーランドに築かれた壁によって、ユダヤ人はもちろんポーランド人も財産や土地、そして自由を没収された。

パレスチナの分離壁。
アパルトヘイトを思い出させるこの壁だが、実際にはこのゲットー等の迫害に近いのかもしれない。
収容所だけではなく、歴史上迫害を受け続けていたことが、(イスラエル在住の)ユダヤ人の免罪符になるのか?というのが、中東問題の大きなポイントだ。

さて、関連する話題として
ドイツ:敗戦60年 ポーランド追放のドイツ人「没収財産、返還を」 米で集団提訴へ
というのが、最近ニュースになっていた。
 基金メンバーは約1000人で、影響力はそれほど大きくない。しかし昨夏、財産返還訴訟を欧州人権裁判所(仏ストラスブール)に起こす動きを見せたことにポーランドが猛反発。下院が、解決済みのはずだった戦後賠償をドイツに改めて求める決議を行うなど、両国関係は悪化し始めている。在米ユダヤ人を巻き込んだ大規模訴訟になれば外交問題に発展する可能性もある。

 ドイツは第二次大戦後、東方の領土3分の1を失った。ポーランドやソ連領になった東プロイセン、ナチスがチェコスロバキア(当時)に対しドイツに割譲させたズデーテン地方のドイツ人居住区などから計約1500万人が追放され、途中で200万人が死亡したといわれる。
「ユダヤ人陰謀説」というのが、当たり前のように言われるが、実際のところ、イスラエルの国政を見るまでも無く、彼らが一つの意見でまとまるということは、考えられない。

この基金メンバーと呼応している在米ユダヤ人が、どのようなグループかが分からないが(調べれば分かるのだろうが)、在米ユダヤ人の中には、アメリカこそが約束の地だと発言しているグループや、イスラエルのユダヤ人を快く思っていないグループがいたりするので、このようなグループが存在しても不思議では無い。
また、人権運動の際、黒人解放運動にもユダヤ人が参加していたことを考えると、自然な流れなのだろうか?

ともあれ、ユダヤ人といっても、画一的に判断は出来ないということであり、それは、この映画にも出てくる。

ゲットーの中でも、ドイツ兵を買収して、(ある程度)裕福な生活を送る人々。
ポーランドに見切りをつけて、アメリカに移住する人々。

戦場のピアニスト -- 映画 「 戦場のピアニスト 」の詳細情報
↑にある評価の中には、上記のように生き延びた人々の宣伝でしか無いという批判もあるが、身の危険があっても自分の生活を捨て、新しい国で生活を始めるほどの財産なんて、ほとんどの人にないだろう。

まとまりが無くなってしまったが、観たということで、記しておこう。

ちなみに、この手のユダヤ人迫害をテーマにした映画は沢山あるが、「マイ・リトル・ガーデン」(原作「「壁のむこうの街」)が一番好きな映画だ。
「シンドラーのリスト」や「ライフ・イズ・ビューティフル」などよりも、評価されて良いと思うんだけどなぁ~。


参照URL。
戦場のピアニスト -- 映画 「 戦場のピアニスト 」の詳細情報allcinema ONLINE 映画データベース
ドイツ:敗戦60年 ポーランド追放のドイツ人「没収財産、返還を」 米で集団提訴へ
[PR]
by barry_lions | 2005-05-25 02:54 | Cinema
2005年 03月 08日
NTSB/323便の謎を追え!
STAR CHANNELで、NTSB/323便の謎を追え!を観た。
軽く流しながら観る予定が、物語の重厚さと展開の面白さに思わず引き込まれてしまった。

ストーリーは、トラックバック先の「映画と飛行機」が詳細に記してある。

NTSBとは、「National Transportation Safety Board(米国交通安全調査委員会)」のことだ。
911の際、FAAは話題になったものの、NTSBの名前が出てこなかったのは、事故の現場を調査したのがFBIだったからだとされている。

ともあれ、NTSBは、
米国のハイウェイ事故、鉄道事故、海難事故、民間航空機事故など、あらゆる交通に関する事故を調査する国家機関の名称
であり、悲惨な事故においては必ず出てくる機関だ。

NTSBのメンバーが、323便の墜落原因を色々な角度から追及するという軸で、話は展開していく。
事故原因を追求するNTSBに、現場に踏み込んでくるテレビレポーター達、原因追及に協力的ではない飛行機会社、何かと口を出してくるFBI。
そして事故で生き残った人々に、事故の遺族達。
それぞれの人間模様が、この事故で絡み合う。

場面展開が、いかにもCMに入るという雰囲気だったので、IMDbで調べてみたところ、やはり、これはTVムービーであった。

原題は、NTSB: The Crash of Flight 323。
森には、無残に砕け散った飛行機の残骸。
これをTVでやってしまう所に、アメリカのテレビドラマの強さがある。
圧倒的な予算の差。
この辺りは映画と同じか。

終盤の見所は、事故の原因が判明する所ではなく、追悼集会にあるのだろう。
それぞれが、それぞれの思いをスピーチする合同追悼式。
雨の中で、静かに繰り広げられる事故に対する気持ち。
なかなか胸に迫る内容だった。

トラックバックURL。
映画と飛行機リュックを背負うと元気になるの♪


参照URL。
NTSB: The Crash of Flight 323 (2001) (TV)
NTSB(National Transportation Safety Board)
STAR CHANNEL
[PR]
by barry_lions | 2005-03-08 02:09 | Cinema
2005年 02月 28日
トニー滝谷
とても、興味深い映画だった。
なるほど、これはエドワード・ホッパーをモデルにした映像かぁ。
CM出身の市川準だけに、印象に残る画面が多かったのは、そういうわけかと、勝手に納得。

ネットでの評価は真っ二つ。
実験的な取り組みへの評価と、村上春樹の世界観を作りきれていないという評価。

活字は読まない方ではないが、W村上は読んだ事が無い。
どうも嗜好が合わないというか、食わず嫌いというか、読むチャンスにめぐり合わない。
なんといっても、本屋さんにおいて、本と目が合わない。
はて、何故だろう?

ともあれ、村上春樹の世界観を読んでいないので、原作との比較は出来ないが、単純に映画としての完成度を楽しめた。

ナレーションとセリフの兼ね合い。
俯瞰が多いわけではないのに、広がっていく画面。
短い上映時間に、全てがテンポ良く進んでいく。
そのテンポの速さに、人物に対する愛着が湧きにくいという難点もあるが、気持ち良く映画は進み、終了する。

あれだけいい加減に育てられたトニーが、父親に対する友情に似た愛情を持ち続けられた事に、驚いたが、理想的な家庭環境が理想的な親子関係を生むとは限らないので、当たり前といえば当たり前なのか?
また、主演がそれぞれ2役の意味は、感じ取れなかった。

# その昔、岡部マリ見たさに「りゅうずばー」を観ていたけど、(村上龍は)ギトギトしている人という印象しか無かった。まさか作風もギトギトしているとは思わなかったけど。


トラックバックURL。
トニー+marron

参照URL。
tony takitani official web site
[PR]
by barry_lions | 2005-02-28 03:17 | Cinema
2005年 02月 25日
呪怨@劇場版
先日のテレビ放送分を鑑賞。
正直な感想を言えば、奥菜恵が可愛かった、、、くらいか。


ビデオ版は、1だけWOWOWで観たのだが、少ない予算の中とても頑張っている感じがして好感が持てた。
こんな発言をすると、高い場所から作品を評価しているように感じるだろうが、ビデオ版は思わずそんな感想を述べてしまうような低予算ホラーに出来上がっている(もちろん、良い意味で)。

で、この劇場版。
民放&ゴールデンタイムということで、カットされた部分もあったのだろうが、全体的に中途半端になってしまっている。
ビデオ版よりも自由な予算はあるものの、スケールアップしている感じではない。そして、それがまた中途半端な印象を強めている。

怖いというよりは、滑稽だ。
また、ジェイソンやフレディのように、製作者側が「笑って!」という作りになっているわけでもない。
う~ん、困った。

現在、(いわゆる)ハリウッド版が公開されているが、こちらは、十分に予算を使ったと予想される。
日本映画界は低予算の中で検討しているが、もしハリウッド並の予算を使えたら、どの程度ものが作れるのか?
この「THE JUON 呪怨」には、その答えが隠されているのかもしれない。
# といいながらも、CSに落ちてくるのを待つけど。


トラックバックURL。
呪怨 劇場版 デラックス版私が読んだ本【書評と映画レビュー】

参照URL。
じゅおん【呪怨】
THE JUON 呪怨
[PR]
by barry_lions | 2005-02-25 01:50 | Cinema
2005年 02月 24日
ベルヴィル・ランデブー
流石、プランス。
アニメといえども、自転車の描写は見事としかいいようが無い。

数年前に公開されたブエルタを舞台にしたアニメ「アンダルシアの夏」では、高坂監督の自転車への(ロードレースへの)こだわりが感じられた。
こちらは、舞台の一つにツールを取り上げているだけなのに、一つ一つのディテールに愛情を感じてしまった。
# ホイールのメンテナンスが、伏線としていきてくるなんて、想像もしなかった。

さて、全体の感想だ。
多くの所で、多くの人が語っているように、とても不思議な映画だ。
不思議な絵に、不思議なキャラクター、単純なのに不思議な物語。
そのどれもが愛らしく、使われている曲と同様に心に残る。

キャラバンカーが詰まってしまうような、細かいギャグがふんだんに散りばめられ、短い物語はあっという間に終了する。


閑話休題。
色々なblogを読んでいて、疑問に思ったのは、ベルヴィルが何処か?ということ。
一応、架空の街という設定だと思うが、アメリカとしている人と南仏としている人がいる。
パンフなどを読んでないので、本当の所は分からないが、自分はフランスなのでは?と思っている。
自由の女神といってもパリにもあるし(現在はお台場?)、英語が出てきたのもマクドナルドらしきお店の中だけで(また、この中でのやり取りが笑わせてくれる)、外は仏語だ。
また、アメリカでロードレースのギャンブルが成立するとは思えないし、、、さて。


追記。
テアトルタイムズスクエアでは終了してしまったこの「ベルヴィル・ランデブー」。
(都内なら)3月4日までは同じテアトルの銀座テアトルシネマでレイトショー公開。
3月5日からは、吉祥寺バウスシアターで公開とのこと。


追記2。
う~ん、これが精一杯(汗!)。


トラックバックURL。
ベルヴィル・ランデブーbefounddead
ベルヴィル・ランデブー でスウイングしちゃいました
もっきぃの映画館でみよう
Les Triplettes de BellevilleTDF2004
映画のなかの人生…Vol.392「ベルヴィルランデヴー」★★★★☆映画のなかの人生、映画のような人生。

参照URL。
映画「ベルヴィル・ランデブー」オフィシャルサイト
CINEMA BOX|東京テアトル映画情報
吉祥寺バウスシアター
茄子 アンダルシアの夏
[PR]
by barry_lions | 2005-02-24 03:52 | Cinema
2005年 01月 27日
最近、見た映画。
@映画館。
ベルヴィル・ランデブー
舞台より素敵な生活

@スカパー。
インファナル・アフェア
8 Mile
キル・ビル Vol.1
S.W.A.T.
ノックアラウンド・ガイズ
フレディVSジェイソン
マイ・ビッグ・ファット・ウェディング
ワイルド・スピードX2
修羅雪姫

気が向いたら感想書きます(汗!)。
[PR]
by barry_lions | 2005-01-27 02:40 | Cinema
2004年 09月 08日
ジョンQ―最後の決断―
(ネタバレ有り)

「自らの命を絶つよ。
 脳みそを壁にぶちまけてね。
 じゃあ、地獄で逢おう。」

SENTENCEDの「Excuse Me While I Kill Myself」より。


父親は子供ためなら、なんだってするものだ。
それが愚かでも、間違っていても、だ。
デンゼル・ワシントン扮するジョンは、子供の命を守るために、病院を占拠し立て篭もる。
他に方法が思いつかなかったからだ。

そして、
「I Kill Myself」
と、拳銃を口に突っ込む。


アメリカには、国民保険という制度が無い。
あるのは民営の保険会社だけであり、ほとんどの人は会社が契約している保険会社に入り、給料から天引きされる。
その為、会社ごとに保険の内容にバラツキがあり、格差が生まれる。
ジョンとその家族は、その制度の犠牲者だ。そして、その犠牲者はジョンの家族以外にも沢山いる。


イラクで人質に囚われていた日本人の親族は、アチコチで叩かれていた。
親族の取った態度に問題があるらしい。

しかしながら、このジョンと同じで、自分の家族や最愛の人が、窮地に追い込まれた時、冷静な判断が出来るのであろうか?
自分には、そんな立派な態度が出来るとは思えない。

「親は子供の為なら、なんだってするものさ(ティム・ベイリス by Homicide)」


参照URL
ジョンQ―最後の決断―(公式サイト)
HOUCHIWOOD「ジョンQ―最後の決断―」
[PR]
by barry_lions | 2004-09-08 13:06 | Cinema
2004年 08月 23日
dot the i ドット・ジ・アイ。
遅くなりましたが、お盆休み中に、シネセゾン渋谷で鑑賞してきたので、感想などを。

サスペンスなのか?ラブストーリーなのか?という売りのこの映画。
ストーリー展開に意外性を求めすぎると、この内容だと辛いかもしれませんが、普通に面白く観られました。

といっても、この映画の目玉は、主役の「ガエル・ガルシア・ベルナル」。
「アモーレス・ぺロス」や「天国の口。終りの楽園。」で一躍脚光を浴びたメキシコ人俳優。
この映画では、片親が英国人のコロンビア人を熱演。
ラティーノであるはずなのに、綺麗な英語を話す辺りは、すでにハリウッドにロックオン?

クリストファー・ランバードを若くしたような、この美少年には、とりあえず注目しておきます。

参照URL
dot the i ドット・ジ・アイ 公式サイト
[PR]
by barry_lions | 2004-08-23 14:37 | Cinema
2004年 08月 15日
ボウリング・フォー・コロンバイン
(ネタバレ有り)
痛快なドキュメント映画だ。
気楽に構えてみれば、とても面白い。
が、待てよ?ゆっくり考えれば考えるほど疑問の出てくる映画でもある。

結局。。。
この映画の訴えたかったことは、なんだろう?

映画序盤、アメリカでは、銀行口座を開くだけで銃(猟銃かな?)を買える貰えるというのを実践する。
著名人のインタビューを終えると、カナダでは銃の保有率がアメリカと同じにも関わらず、銃犯罪が少ないという点を指摘する。
その後に、コロンバイン高校での被害者をつれて、Kマートに弾の販売を中止して欲しいと訴えて、全米ライフル協会の(名誉)会長チャールトン・ヘストンに突撃取材。

途中、銃という存在が悪いのではなく、アメリカ人の「人に対する恐怖感が銃犯罪に走らせる」というような結論に向かった後に、銃という存在(Kマートとチャールトン・ヘストン)を攻撃する。
頭が混乱してきたぞ。

好意的に考えれば、チャールトン・ヘストンをメインイベントに持ってきたいという趣旨なんだろうけど、その関係で、アメリカの銃問題だけが残り、結論が全く見えない。

マリリン・マンソンのインタビューも、思ったより在り来たり。
今までにも、スケープゴートにされてきたアーティストは腐るほどいる。
そして、そのアーティストの声に耳を傾ければ、同じような事を言っているわけで、、、
「オースティン・パワーズ」でも、そんなネタはあったっけ。

ともあれ、事実を編集して、自分の都合の良いように、世間に答えを求めている感じのするマイケル・ムーア。
彼には、ホミサイドの皮肉屋マンチの言葉を送っておこう。

「世間に正しい答えを求める奴は信用しない。
 どうせ、この世で得られるのはいいかげんな答えだけさ。
 ディズニーじゃあるまいし。」

参照URL
ボウリング・フォー・コロンバイン 公式サイト
MichaelMooreJapan.com マイケル・ムーア 日本版公式ウェブサイト
[PR]
by barry_lions | 2004-08-15 14:11 | Cinema
2004年 08月 13日
ロジャー&ミー(Roger And Me)
ミシガン州フリント。
マイケル・ムーアの故郷である。
かつての繁栄は遠い昔。ゼネラル・モータース社の工場撤退により、街は衰退していく。
十分な説明を行わないゼネラル・モータース社の会長ロジャー・スミスを徹底的に追いかけるマイケル・ムーア。

このドキュメント映画は、シリアスなテーマを、時にはコミカルに、時には皮肉たっぷりに、フリントの問題を正面から切りつける。
電波少年的な取材ドキュメントは、エンターテイメントとしても一流品で、見るものを飽きさせない。

この映画で訴えたいであろうテーマよりも、残された街の人々の「飛んでも」振りが一番印象に残るのは、マイケル・ムーアとしては心外か?
街の活性化がことごとく失敗するのだが、その案がまた笑える。
そして、生活の為に、ウサギを飼育して潰す若い女性。
このウサギのシーンが強烈で、どうしても、映画のタイトルが「ロジャーラビット」となってしまうのは自分だけ?

ともあれ、マイケル・ムーア渾身の作品。必見。
[PR]
by barry_lions | 2004-08-13 02:59 | Cinema


    


アクセス解析