<   2004年 07月 ( 64 )   > この月の画像一覧
2004年 07月 31日
Anathema / alternative 4
a0011865_23271142.jpg 1.shroud of false
2.fragile dreams
3.empty
4.lost control
5.re-connect
6.inner silence
7.alternative 4
8.regret
9.geel
10.destiny
11.the silent enigma
PCCY-01258(1998)

「Anathema」的雰囲気である幻想的な空間を遮断して、Paradisc Lostの「One Second」のような暗いロックへと変身を遂げた4nd。
Paradisc Lostは思い込みが少ないため、快く受け入れられたが、Anathemaに対して少し戸惑ったのも事実(前作の流れから、予想できたことではあるが)。
一般的なリスナーには聴きやすくなったともいえる。

このアルバム制作前にドラマーが脱退している。
M11はボーナストラック。
[PR]
by barry_lions | 2004-07-31 23:28 | Music
2004年 07月 30日
下妻物語。
パワフル。
そんな古臭い表現がピタリとあてはまる映画。

「桃子」と「イチゴ」。
設定の面白さに比べると、ストーリーに意外性は無い。
セリフと間、それに演出で、グングンと引っ張ってくれる。
合間に入るアニメも心地良い。

ラストも、ハッピーエンドなんだか違うのかよく分からない終わり方だが、映画を見終えたという爽快感やカタルシスは十分に得られる(ちょっと大袈裟か)。
兎にも角にも良い映画だ。

閑話休題。
この手の日本映画は、良質な映画が揃っているが、大作映画となると、なぜつまらなくなるのだろう?
大作映画に関していえば、韓国映画に一歩も二歩も遅れている(十歩くらい?)。

話は戻って、下妻物語。

深キョンのロリータ。。。可愛い。
ロリータやら、ゴスロリやらの細かい違いは分からないのだが、偏見を込みで言ってしまうと、衣装負けをしている印象が強い>この手のファッション。
しかしながら、深キョンは負けていない。
なので、そこにロリータという印象が希薄になってしまう。

でも、それによって映画がどうなるわけでもない。
なぜなら、深キョン演ずる「桃子」のキャラを表す一部分でしかないからだ>ロリータ。
「桃子」のキャラを強烈に印象つけるのは、ファッションではなく性格。
映画自体も、ロリータファッションというレッテルに、衣装負けをしていないということか(←意味不明)。


アイドル映画だと思って、舐めて観るにはあまりにも強烈。
また、その期待を裏切られても、心から楽しめる良質でパワフルな映画。満足。


参照URL
下妻物語 公式サイト
下妻最高ー麦の部屋

トラックバックURL
下妻物語君はテレビっ子
[PR]
by barry_lions | 2004-07-30 10:52 | Cinema
2004年 07月 30日
ノア@ドーム。
試合の感想と興行の総評を簡単に。

▽第6試合 GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合(60分1本勝負)
○丸藤正道、KENTA VS 杉浦 貴×、ケンドー・カシン
丸藤のシューティングスタープレスの失敗。
天才と呼ばれる彼の試合は、とにかく評判が良い。
体格を補う、身体能力と閃き。
しかしながら、この日は良い所が無かった。
試合は、カシンと杉浦の仲良しこよしの仲間割れごっこに支配される。
まったくペースをつかめない。

最後の最後に大技の失敗。
下手をすると死ぬくらいの失敗。
本当なら会場が凍り付いても良いくらいの出来事だが、最近は頭から落ちることを見慣れている観客は普通に流している。
う~ん、これは良い風潮なのだろうか?

ちなみに自分は、丸藤の作る試合を面白いと思わない。
ルーチンワークに感じてしまうからだ。
今日、シューティングスタープレスの失敗後、力を振り絞っての雪崩式の不知火。
少々感心してしまった。


▽第7試合 GHCジュニアヘビー級選手権試合(60分1本勝負)
×獣神サンダー・ライガー VS 金丸義信○
ライガーとノアの絡みは、これで終了なのだろうか?
これだけ、ホーム&アウェイがハッキリする対抗戦も少ないので、もう少し引っ張って欲しかったのだが。。。
ともあれ、ベテラン同士の好勝負は、無難な内容で、無難にお客を喜ばして、無難に終了する。


▽第8試合 IWGPタッグ選手権試合(60分1本勝負)
○高山善広、鈴木みのる VS 森嶋 猛×、力皇 猛
森嶋の勘違いは、このまま続くのだろうか?
それから鈴木みのるは、こうやって普通にプロレスをするなら、アポロ菅原に謝って欲しいなぁ。
どうも、彼が普通のプロレスを平然として行っているのに、違和感がある。
また、それを受け入れているファンにも、同じく違和感がある。
結局この試合も、まったくかみ合わないまま、王者組の勝利。
これでプロレスが上手いのなら、別に良いんだけど。


▽第9試合 GHCタッグ選手権試合(60分1本勝負)
○三沢光晴、小川良成 VS 武藤敬司、太陽ケア×
この日、一番の目玉カード。
数年前のテレビゲームで、画面上では技の交換を行っていたので、初対決ながらもかみ合うのでは?との期待があったが、顔合わせ程度で終了。
しかしながら、その顔合わせだけでも、十分納得出来るほどの存在感が二人にある。

自分の予想では、全日本の両国大会で二人がタッグを組むのでは?と思っていたんだけどなぁ~。


▽第10試合 GHCヘビー級選手権試合(60分1本勝負)
○小橋建太 VS 秋山 準×
凄い試合。
激しい試合。
魂の試合。
この試合は、確かにそんな表現のピッタリする試合だ。
が、三冠戦の延長戦でしかない。
これが、GHCだというものを見たかった。

良い意味でも悪い意味でも、脳みそも筋肉で出来ている小橋には、そんな期待は難しい。
が、プロレス頭の偏差値が高い秋山には、どうしてもそれを期待してしまう。

ルーチンワークの先にあるもの。
三冠戦とは違うもの。
それが見えた時、本当のノアが見られる気がする。
[PR]
by barry_lions | 2004-07-30 03:03 | Battle
2004年 07月 30日
0729のパレスチナ、イスラエル関連
のニュースをピックアップ。

ガザ地区で、武装グループが主要道路を封鎖
【ガザ地区 28日 ロイター】 ガザ地区の武装勢力と活動家らが28日、イスラエルに続く主要道路を封鎖。パレスチナ当局者の通行を許さないと宣言し、空に向けて発砲したり、自動車を止めるなどしている。

ガザ地区で、武装グループが主要道路を封鎖
 武装グループは、封鎖されたベイトハヌーンにおける人道上の必要性をパレスチナ当局が無視していると非難し、道路に土盛りなどして通行を妨げている。
 パレスチナでは、こうした強行手段に出る武装グループの事件が増えており、先週には、パレスチナ当局の腐敗に抗議した武装グループが、地元当局者や外国人らを拉致したり、警察署に放火する事件が起きている。

イスラエル首相、「退避帰還」の訴えを撤回
 イスラエルのシャロン首相は28日夜、同国に帰還した在仏ユダヤ人200人を歓迎する式典で「反ユダヤ主義と帰還は区別すべきだ。ユダヤ人は恐怖や憎悪を理由にではなく、ここが故国であるがゆえに帰還すべきだ」と語った。
 首相は今月18日、フランスでの反ユダヤ主義の広がりを理由に在仏ユダヤ人にイスラエルへの帰還を呼びかけ、フランスから訪問を拒絶されるなど両国関係を冷え込ませた。この日の演説は前の呼びかけを事実上撤回するもので、これでフランスの反発をなだめる考えのようだ。
 この日帰還した200人は首相の「退避帰還」演説以前から準備を進めており、演説を受けての帰還ではないが、中には「胸を張ってユダヤ人だと言える生活がしたい」「イスラエルなら安心できる」など、フランスでユダヤ人として暮らすことの肩身の狭さを帰還の理由に挙げる人もいた。 (07/30 00:06)

空爆などで5人死亡=パレスチナ
【エルサレム29日時事】パレスチナ自治区からの情報によると、ガザ地区やヨルダン川西岸で29日、イスラエル軍の武装ヘリコプターによる空爆などで武装組織幹部らパレスチナ人5人が死亡した。

イスラエル軍:ガザ地区で空爆 武装組織2人殺害
 【エルサレム樋口直樹】イスラエル軍は29日、ガザ地区南部ラファの近郊で、パレスチナ武装組織のメンバーを乗せた車を武装ヘリからミサイル攻撃し、2人を殺害した。軍当局は2人がイスラエル軍や市民を狙った数々の攻撃に関与していたとの声明を発表、殺害を認めた。
 殺されたうちの1人はパレスチナ解放機構(PLO)主流派ファタハ系の小さな武装組織のリーダー。この組織は先に、パレスチナ自治政府の腐敗などに抗議し、フランス人数人を一時拉致する事件を起こしていた。

ガザ空爆、銃撃で4人死亡 過激派掃討を強化
イスラエル軍は29日、ガザ地区南部のエジプトとの境界に近い自治区ラファでパレスチナ人の車両をヘリコプターでミサイル攻撃、病院当局者によると、乗っていた2人が死亡した。
 これより先、ガザ地区南部の自治区ハンユニスでは、イスラエル軍兵士がイスラム原理主義組織、イスラム聖戦活動家ら2人を射殺した。
 イスラエルのシャロン首相が予定している2005年末までのガザ地区撤退を前に、軍はパレスチナ過激派掃討作戦を強化しており、今後も双方の対立は激化しそうだ。 軍情報筋によると、空爆で死亡したのはパレスチナ解放機構(PLO)主流派ファタハ系の武装組織「アブリーシュ旅団」のオメル・アブセッタ幹部(32)と側近。軍は同幹部殺害の理由について、ガザ地区のユダヤ人入植地などでイスラエル人の殺害にかかわったためとしている。
 イスラエル軍はエジプトからラファに地下トンネルを通じて武器が密輸されていると主張し、トンネルの出口とみられる家屋を破壊するなど、断続的に侵攻作戦を行っている。(共同)

[PR]
by barry_lions | 2004-07-30 02:33 | Middle East
2004年 07月 29日
レスナー@NFL!
いつもお世話になっている、zionicさんの「不定期刊行 アメフト雑記」からトラックバック。

レスナーがヴァイキングスへ!
トライアウトは残ったって事ですか?
素直に凄い!って思います。

そうなると、プレシーズンくらいまでは残りそうですね。
ヴァイキングス@プレシーズンの目玉になりそうな予感。
今年、日本でアメリカンボウルを開催する予定は無いみたいですが、もしヴァイキングスが来日していたら、凄い話題になっていましたよね(一部で、ですけど)。

ともあれ、ランディ・モスとのツーショットは間違いなく見られそうですね。
ロースターは厳しいと思うのですが、どうでしょう?

好きな選手ではないけど、応援しちゃいます。
頑張れ!レスナー!

追記。
そりゃ~、DSE@ハッスルシリーズなんかに来るわけないよなぁ~。
ハッスルKは止めてくれ>川田。


トラックバックURL。
レスナーがヴァイキングスへ!不定期刊行 アメフト雑記
ブロック・レズナー、NFL入団決定プロレス専門BLOG「ブラック・アイ」



参照URL
プロレスラーがNFLに転身(日刊スポーツ)
[PR]
by barry_lions | 2004-07-29 16:14 | NFL
2004年 07月 29日
独り言。
ツールが終わったので、溜まっていた未エントリーを整理していこうと思っています。
そんなわけで、時期外れの話題も出てきますが、ご了承を。
9月までは、そんな感じで進んでいきます。

で、9月を過ぎると、ブエルタとNFLが重なって、いつ寝るんだ!?という時期がやってきます。
ちなみに、昨年は「日本で放送するNFLの試合は全部見るぞ!」と意気込んだものの、HDDからDVD-RAMに退避して、未だに見ていない試合が10試合以上あります。
う~ん、シーズン始まる前に見るか、もう諦めて消去か、、、悩む。
# G+が、コピーガードをかけているので、DVD-RAMに退避出来ないのが、困り者。
# マイアミvsニューイングランドの雪上決戦を焼いて保存したいんだけどなぁ~。

追伸。
リアル友のblog仲間(初!)が出来たので、記事とは無関係ながらも、トラバってしまいます。

トラックバックURL。
四谷にて+marron
[PR]
by barry_lions | 2004-07-29 12:05 | Memo
2004年 07月 28日
ツール・ド・フランス2004@第20ステージ。
「アメリカであってアメリカではない。テキサスはテキサスだ」

ローンスター。
孤高。
テキサス人の誇り。

完璧な6連覇。
スリリングで先の読めない昨年の総合争いとは一変して、ランス・アームストロングの圧勝。
昨年以前のツールを見るような、強いランスの降臨。

ランス・アームストロングと追走するファン。
彼らが手にしていたアメリカ星条旗と同じくらい目についたのが、テキサス州旗。
一つの星に、一つのストライプ。テキサスのプライドの象徴。

その彼と同じだけの偉業を達成したのは、ヴィランクの7度目の山岳賞だろう。

しかしながら、このツールで一番記憶に残ったのは、山岳ステージでのボエックラー。
チギれそうで、チギれない。
いや、チギれても復帰する。
彼の諦めない心は、明日からの勇気になる。
感動と興奮をありがとう!

そして、お疲れ様!

7月23日現在  ステージ順位
1 103 トム・ボーネン BEL QSD in 4h 08' 26"
2 147 パトリック・ナゾン FRA A2R at 00' 00"
3 083 ダニロ・ホンド GER GST at 00' 00"
4 181 ロビー・マキュアン AUS LOT at 00' 00"
5 019 エリック・ツァベル GER TMO at 00' 00"
6 093 ジミー・カスペール FRA COF at 00' 00"
7 091 スチュアート・オグレディ AUS COF at 00' 00"
8 163 バーデン・クック AUS FDJ at 00' 00"
9 195 マッシミリアーノ・モーリ ITA DVE at 03' 40"
10 153 ブラム・デフロート NED RAB at 00' 00"

追記。
テキサスロングホーンといえば、スタン・ハンセンしか思い出せません(汗!)。

参照URL
2004 Tour de FranceJ SPORTS OFFICIAL SITE
[PR]
by barry_lions | 2004-07-28 16:31 | Bicycle
2004年 07月 28日
0728のパレスチナ、イスラエル関連
のニュースをピックアップ。

クレイ首相が続投表明=アラファト議長、改革策の履行約束-パレスチナ
 【ラマラ(ヨルダン川西岸)27日時事】パレスチナ自治政府のクレイ首相が実質的な権限を与えられていないとして辞表を提出していた問題で、アラファト自治政府議長と同首相が27日、ヨルダン川西岸ラマラの議長府で会談した。クレイ首相は会談後の議長との共同会見で、「改革や秩序回復の一歩だ」と述べ、辞表を撤回して続投する意向を表明した。

パレスチナ首相が辞意撤回、議長からの一部権限委譲で
[ラマラ(ヨルダン川西岸) 27日 ロイター] パレスチナ自治政府のクレイ首相は27日、アラファト議長から改革実施の一部権限を委譲されたことを受けて辞意を撤回、自治政府指導部の危機が回避された。
 首相に近い関係者によると、首相は治安関連組織の一部について監督権限を獲得した。治安組織については、米国中心の和平仲介者が腐敗と無秩序を指摘しており、パレスチナとイスラエルの和平交渉にとって大きな障害と見られてきた。

パレスチナ首相が辞意撤回、議長からの一部権限委譲で
 10日前に辞表を提出した首相は記者団に対し、「議長から辞表の受理を拒否されたので、わたしはそれに従わねばならない。議長が今回(改革に)本腰を入れ、有言実行の姿勢を示していることに満足している」と語った。
 ただ、議長は過去にも国際社会からの圧力を受けて同様の改革を約束しながら、今日まで順守していない。米国とイスラエルは今回の発表に対して、懐疑的な見方にある。

クレイ首相が続投を表明-パレスチナ
 カタールの衛星テレビ局アルジャジーラによると、二人は報道陣を前にそろって記者会見した。クレイ首相は、辞表撤回の理由として、アラファト議長が首相に、より強力な治安権限を与えることに同意したことを挙げた。
 首相は、同権限の移譲が、パレスチナ内部の危機を安定させることになろうとも語った。
自治政府高官は同日、アラファト議長が、クレイ首相が警察を主管する権限を持ち、国内治安の権限を行使することに同意したと語った。

クレイ首相が辞表撤回…アラファト氏、治安権限移譲か
 議長は自治政府の全治安組織を統轄する国家安全保障委員会委員長として、治安権限を事実上掌握する。これに対し、首相は、腐敗がはびこる治安組織の改革には治安権限を内閣に移すことが必要だと主張、首相続投の条件として、議長に権限移譲を求めていた。
 ただ、首相は「治安組織の扱いについて議長と取引などしていない」とも話しており、権限移譲がどのような形で行われるかは不明。

[PR]
by barry_lions | 2004-07-28 16:29 | Middle East
2004年 07月 28日
分離壁(アパルトヘイト・ウォール)。
すでにかなりの部分が出来上がっているとも言われており、国連決議に拘束力を持たない事を考えると、反対しましたというポーズだとも受け取れる>国連決議における賛成票。

パレスチナ難民、ユダヤ難民が出た時に、受け皿になる国はあるのだろうか?

マサルハ氏の意見をパレスチナ問題に置き換えると、「パレスチナ人に問題アリ」とも捉えられるが、啓蒙し教育を受けられる環境を作る為には、まずイスラエルの圧力を省かなければならない。
鶏と卵の関係という奴か。

双方が納得行く解決策などは無いと思うので、ある程度の妥協が必ず必要になり、その妥協を許さない勢力が双方から出る。
それを押さえる為には、武力が必要となり、その制圧には必ず反発がある。
# エジプトの計画が上手く行ったとしても、反発は出る。

そして、振り出しに戻る。

それでも、世界の目が向けられずに大虐殺が行われているアフリカなどに比べれば、注目が集まり声が届いているだけマシなのかもしれない。

イスラエル内、パレスチナ内。
お互いの中でさえ、衝突し、揉め事が続いている。
あの分離壁の意味するところは、人間は分かり合えないという事なのかもしれない。

トラックバックURL。
分離フェンス愛のまぜご飯
分離フェンス撤去FAIRNESS

自blog内関連ページ
ガザ撤退反対デモ。
国連と分離フェンス(その2)
[PR]
by barry_lions | 2004-07-28 13:06 | Middle East
2004年 07月 27日
ガザ撤退反対デモ。
イスラエルに抗議、「人間の鎖」90キロ ガザ入植地
 パレスチナ自治区ガザのユダヤ人入植者ら10万人以上が25日、ガザの入植地からエルサレムまでの約90キロを手をつないで結ぶ「人間の鎖」をつくって、イスラエルのシャロン首相が進めるガザの全入植地撤去計画に対する抗議を訴えた。ロイター通信によると、今年2月に同計画が明らかになって以来、最大規模の抗議活動だという。

十数万のイスラエル人が人間の鎖、ガザ撤退反対し
 ガザ地区に住むイスラエル人女性は、「この鎖は強さの象徴だ。大半の人々はイスラエルの土地を愛しており、何も壊されたくないと思っている」と語った。
 主催者は、抗議行動に20万人が参加したと主張しているが、警察は13万人としている。

首相に抗議「人間の鎖」 イスラエル
 主催者などによると、入植者らはエルサレム旧市街のユダヤ教聖地「嘆きの壁」まで手をつないで並んだ。首相が党首を務める右派リクードの国会議員も加わった。
 ガザ地区南部に広がる入植地群、グシュカティフに住む女性、レイチェル・サパースタインさん(63)は「エルサレムもグシュカティフも同じイスラエル。鎖を断つことはできないというメッセージをシャロン首相に伝えたい」と話した。
 首相は2005年末までにガザ地区の全入植地、ヨルダン川西岸の4入植地を撤去する方針を打ち出している。(共同)

ガザ地区撤退案、後戻りは出来ない=イスラエル首相
 [エルサレム 26日 ロイター] イスラエルのシャロン首相は26日、これまでで最大となる10万人規模の抗議行動が起きたにもかかわらず、ガザ地区撤退案を撤回することはない、と言明した。

ガザ地区撤退案、後戻りは出来ない=イスラエル首相
 首相官邸によると、同首相は、「私は(パレスチナからの)分離案を実行することを決定した。それは、イスラエルが永遠にガザ地区にとどまれないことが明らかだからだ」と述べたという。
 しかし、ガザ撤退案をめぐっては、与党リクード内部にも反発する閣僚もおり、25日夜には、撤退実現に向けた野党労働党と挙国一致内閣を構築する計画を撤回するよう求める集会を主催するなどしている。

イスラエル(シャロン政権)にとって、ガザ地区撤退案とは、分離壁完成とセットになっている。
分離壁が国連や世界的世論で批判されようが、一部の予定変更はあっても、完成に向かうだろう。
が、もしガザ地区撤退が国内世論によって座礁したら、分離壁も同様に行き詰まるはずだ。
この時、分離フェンスの撤去を求めていた国や人は、どのような反応をするのだろう?
逆に、分離フェンスの反対により、ガザ地区の撤退も出来なかったら?


今のイスラエルの混沌を作り上げた張本人は、シャロン首相であるのは間違いない。
そのシャロンが(彼なりの)平和への道を模索した途端に、右からも左からも批判を受けるというのは、なんという皮肉だろう。いや、必然か。

分離壁には反対だが、他の具体的な道も無い。
パレスチナ難民を受け入れる国も無い。
シャロンの後にネタニヤフ、という最悪のシナリオだけは、回避してもらいたいところだ。
[PR]
by barry_lions | 2004-07-27 13:30 | Middle East


    


アクセス解析