<   2004年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧
2004年 08月 31日
0831のパレスチナ、イスラエル関連
のニュースをピックアップ(のみ)。

イスラエル首相、ガザ地区の一括撤退案で同意得られず
 [エルサレム 30日 ロイター] イスラエルのシャロン首相は、2カ月前に原則合意したガザ地区のユダヤ人入植地撤退について、撤退を加速したい意向だが、治安関係閣僚らの同意が得られなかった。関係筋が30日明らかにした。
 強硬派の閣僚らは、2005年末までに撤退を完了させるとする首相の案に反対し、一括の撤退に反対した。
 6月の政府合意では、撤退は4段階に分かれ、撤退前に各段階ごとに内閣による採決が行われることになっていた。

ガザ入植地の一括撤去提案を却下
 30日の治安閣僚会議では、モファズ国防相がシャロン首相の意向を受けて、一括撤収案を提案した。段階的撤退では撤退完了までの間にパレスチナ過激派とイスラエル軍の衝突が激しくなる恐れがあるためとしている。
 シャロン首相は一括撤収によるガザ撤退計画の迅速化を狙ったが、首相が率いる右派政党リクード内ではガザ撤退に批判も強く、出席閣僚の賛同は得られなかった。シャロン首相は31日以降、リクード所属の国会議員らにも入植の一括撤収案を説明する。 (13:00)

ガザ撤退の実施計画を公表=閣議・国会で採決へ-イスラエル
 【エルサレム31日時事】イスラエルのシャロン首相は31日、自らが率いる右派与党リクードにパレスチナ・ガザ地区撤退計画の実施予定表を提出、閣議で10月24日に、国会で11月3日にそれぞれ計画について採決して承認を求める方針を明らかにした。順調に行けば、来年初めにもガザ地区からの撤退が始まる見通しだが、計画に反対するリクード議員の説得工作が計画の成否を左右しそうだ。 

[PR]
by barry_lions | 2004-08-31 17:05 | Middle East
2004年 08月 31日
G+@NFL
今年のNFLの開幕戦は、なんとG+が生中継してくれます。
プレイオフのNYGとSFを終了間際に放送終了などと、生中継の不手際があって、評判がよろしくないG+。
個人的には、アットワンス(DVDに焼けない→保存出来ない)と公式サイトの番組表が見づらいというのが、嫌いだったりします>G+。
あと、生放送の際、現地のCM時に昔のVTRを延々と流したり、画面上の広告の上に強引にテロップ入れたりして、そんなに気にしないでもいいのでは?と不満もあったりしますが、、、


開幕戦は
コルツ@ペイトリオッツ。

昨年のAFC決勝と同じカード。
それまでほぼパーフェクトだったペイトン・マニングが、唯一崩れた試合。
この時期にペイトリオッツの地元で戦うというのは、コルツにとっては良いことかも?
迎え撃つ形となる、NFL界きっての男前トム・ブレイディ率いるペイトリオッツにしても、コルツを返り討ちにして勢いをつけたいところ。

試合数が少ない為、一勝の重みが他のメジャースポーツより重要になるNFL。
それだけに、この開幕戦は、どのチームも大切にしたいところ。
その先陣を切る形のコルツ@ペイトリオッツ。
目が離せない!
いや、でも金曜の朝の生中継は無理っす。

G+の放送予定。

Week1
コルツ@ペイトリオッツ
9/10(金) 9:45-14:00 生中継

Week1
レイダース@スティーラーズ
9/17(金) 18:30-22:00

Week1
ジャイアンツ@イーグルス
9/16(木) 18:30-22:00

Week1
チーフス@ブロンコズ
9/15(水) 24:30-28:00

Week2
パンサーズ@チーフス
9/22(水) 24:30-28:00

Week2
ベアーズ@パッカーズ
9/23(木) 24:30-28:00


Week2
ビルズ@レイダース
9/22(水) 18:30-22:00

Week2
ヴァイキングズ@イーグルス
9/24(金) 18:30-22:00

G+でも、ライオンズの放送は無し。
まぁ~、1、2週は無難に買ってくるでしょ(vsベア-ズ、vsテキサンズ)。

にしても、G+では、どうやってNFLの放送スケジュールをチェックするんだろう?謎だ。


参照URL。
NFL JAPAN
G+ 公式サイト
[PR]
by barry_lions | 2004-08-31 13:19 | NFL
2004年 08月 26日
0826のパレスチナ、イスラエル関連
のニュースをピックアップ(のみ)。

パレスチナ情報当局幹部の暗殺未遂、権力闘争激化の兆候か
[ガザ地区 25日 ロイター] ガザ地区で25日、総合情報局のタレク・アブ・ラジャブ長官代行が武装集団に待ち伏せ攻撃を受け負傷、護衛2人が死亡する事件が起きたが、イスラエルのガザ地区撤退を控えた権力闘争や、汚職一掃を求める声の高まりによる混乱の激化を示すもの、とみられている。

パレスチナ情報当局幹部の暗殺未遂、権力闘争激化の兆候か
 この数時間後、パレスチナ立法当局は改革案を承認したが、パレスチナ自治政府のアラファト議長が承認を保留したことから、結果は期待できない可能性がある、との懸念も出ている。

[PR]
by barry_lions | 2004-08-26 17:11 | Middle East
2004年 08月 25日
GAORA@NFL
プレシーズンマッチが始まり、いよいよNFLが開幕する。
GAORAでは、今年からマンデーナイトが放送されることになり、CS放送の期待も高まる。
# 本当はスカパーのシーズンチケットの再開が一番嬉しいのだが。。。

現在の放送予定は、以下の通り。
開幕特番
9月11日 (土)19:00~21:00 9月12日 (日)24:00~深夜1:58 9月13日 (月) 16:30~18:30

1 PRESEASON GAME ブロンコス vs レッドスキンズ
8月22日 (日)深夜1:00~4:00 9月2日 (木) 15:00~18:00

2 PRESEASON GAME
レイバンズ vs イーグルス
8月30日 (月)18:00~21:00

3 PRESEASON GAME
ペイトリオッツ vs パンサーズ
9月9日 (木)18:00~21:00

4 Week1
シーホークス vs セインツ
生 9月12日 (日)深夜1:58~翌朝5:30

5 Week1
パッカーズ vs パンサーズ
9月15日 (水)18:30~22:00

6 Week1
チャージャーズ vs テキサンズ
9月17日 (金) 深夜4:00~翌朝7:00

7 Week1
ベンガルズ vs ジェッツ
9月18日 (土)19:00~22:00

8 Week1
バッカニアーズ vs レッドスキンズ
9月19日 (日)9:00~12:00

9 Week2
コルツ vs タイタンズ
生 9月19日 (日)深夜1:58~翌朝5:30

10 Week2
ドルフィンズ vs ベンガルズ
生 9月20日 (月)9:28~13:00

11 Week2
ペイトリオッツ vs カーディナルス
9月23日 (木)23:00~深夜2:00

12 Week2
スティーラーズ vs レイバンズ
9月24日 (金) 深夜4:00~翌朝7:00

13 Week2
ラムズ vs ファルコンズ
9月25日 (土)14:00~17:00

14 Week2
ブロンコス vs ジャガーズ
9月26日 (日)13:00~16:00

15 Week3
テキサンズ vs チーフス
生 9月26日 (日)深夜1:58~翌朝5:30

16 Week3
カウボーイズ vs レッドスキンズ
9月29日 (水) 18:30~22:00
残念ながら、我らがLIONSのGAORA放送予定は無し(BS&G+に期待)。
個人的な注目試合は、

Week1 パッカーズ vs パンサーズ
Week1 バッカニアーズ vs レッドスキンズ
Week2 コルツ vs タイタンズ
Week2 ドルフィンズ vs ベンガルズ
Week2 スティーラーズ vs レイバンズ

特にWeek2の生放送2試合には目が離せない。
コルツ vs タイタンズ、ドルフィンズ vs ベンガルズ。
う~ん、今年も眠れない夜(正確には朝 汗!)が続きそう。

昨年のエースRB候補だったゼロウェイを放出したスティーラーズも、色々な意味で今年が正念場。
今年は再びベティスが先発なのかな?
マドックスも契約で希望の金額が貰えたみたいだし、昨年のようなゴタゴタはもう無いはず。
プレーオフでの活躍に期待。

あれ?今年は恒例の地区予想クイズは無いのかな>GAORAさん。

参照URL
GAORA - CSスポーツチャンネル
[PR]
by barry_lions | 2004-08-25 13:17 | NFL
2004年 08月 25日
0824のパレスチナ、イスラエル関連
のニュースをピックアップ(のみ)。


パレスチナ人300人拘束=イスラエル軍
【エルサレム24日時事】ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ナブルスからの情報によると、戦車を伴ったイスラエル軍部隊が24日、ナブルスのアスカル難民キャンプに入り、パレスチナ人300人以上を拘束した。



反ユダヤ行為に厳しい対応を=仏訪問のイスラエル外相
【パリ24日時事】フランスを訪問しているイスラエルのシャローム外相は24日、パリでドビルパン内相と会談した後、記者団に対し、「反ユダヤ主義との戦いには言葉も大事だが、同様に行動も大事だ」と述べた。22日に起きたパリのユダヤ人施設に対する放火事件など、続発する反ユダヤ的行為に対し、フランス政府に厳しい対応を求めたものとみられる。

[PR]
by barry_lions | 2004-08-25 12:55 | Middle East
2004年 08月 24日
女子レスリング決勝。
決勝の感想などを。。。

レスリング・フリースタイル女子48キロ級決勝
○メルニク(ウクライナ)判定(3-3)伊調千春(日本)●

さすがに、ここまで勝ち上がってくると、足が重い伊調姉。
先にテイクダウンを奪われて、先制されて、伊調が後を追う展開。

結局、延長に入り、カレリンが敗れた原因の一つとされるクリンチからの試合開始。
メルニク得意の巻き投げで、テイクダウン&ゴービハインドを取るが、クリンチ前ということで、ポイントが一時は無効扱い。
結局、1ポイントが認められて、3-3で試合が終了。

パッシーブ(消極的)の数でメルニクが勝利。

この辺りの判定は、ビックポイントや先制点など、ルール改訂で色々あり、分かり難いところだが、常に積極的に動いて先制していたのは、メルニク。
NHKのアナウンサーは無視して、立派な金メダル。


レスリング・フリースタイル女子55キロ級決勝
○吉田沙保里(日本)判定(6-0)バービーク(カナダ)●

いやはや、強いとしか言葉が無い>吉田。
序盤は、片足タックルで攻める。
基本的に片足タックルは、瞬時に決まる技ではない。
狙った足を刈り、余った足のバランスを崩して倒す技だ。
タックルに入ってから、執拗に攻める事が要求される。

吉田は、淡白になることなくバービークの片足に喰らいつく。
そしてテイクダウン~ゴービハインド。
これを繰り返して、完全に試合を手中に収める。

終盤。
疲れの見えてきたバービークに、両足タックルを決め始める。
片足タックルとは対照的に、両足タックルは瞬時に決める技だ。
自分の首と肩、胸、腕を使って、相手のバランスを崩し、テイクダウンを奪う。

結局、6回のタックルによる6点を得て、吉田は金メダルを手に入れた。


レスリング・フリースタイル女子63キロ級決勝
○伊調馨(日本)判定(3-2)マクマン(米国)●

伊調妹も足が重い。
途中、姉が泣いたジャッジに助けられるという部分もあったが、それを含めたものが勝敗。

逆にいえば、それに不満があれば、恥を捨ててでもアピールすれば良い。
選手よりコーチ(監督)が、泥を被ってでも、抗議すればいいのだが、この辺りは日本の弱い部分。
それを「潔良し」としないのならば、終わってから不満を並べる方が、もっと格好悪い。

話は戻って、63キロ級決勝戦。
レスリング王国アメリカから唯一のファイナリストであるマクマンも、ここは金メダルが欲しい。
が、終盤に勝利確定の3点目を取られて万事休す。


レスリング・フリースタイル女子72キロ級決勝
○王旭(中国)判定(6-1?)マニウロワ(ロシア)●

あのですね、この試合のリザルトが見当たらないんですけど、、、

先にテイクダウンからゴービハインドで点数を得たのは、マニウロワだった。
次に、テイクダウンに成功した王は、そのままローリング。

決勝の4試合を通じて、唯一ローリングを決めたのは、この王。
浜口もこれにやられたわけだが、綺麗に相手を返す辺りは流石。

結局、2度のローリングで大量得点を得た王が、マニウロワを圧倒して金メダルを獲得。
レスリング大国ロシア、唯一のファイナリストに何もさせなかった。


この結果、金2、銀1、銅1という当初の目標である全階級制覇とはならなかったものの、十分な結果が得られたと思う>日本女子レスリング界。


やはり、一番残念なのは、吉田同様に優勝候補だった浜口の準決勝敗戦。
ここですんなり金メダルを得て、プロレス界か総合に来て欲しかったんだけど、、、このままだと次の北京に向けてレスリング一本になる可能性が大きい。

体格、センス、(美人では無いが)ルックスも良し。
低迷する女子プロレスの活性化に、一番適した人材。
問題は、受け入れる女子プロレス界の受け皿が、小さいって事。
それでも、今ならリビングレジェンドだらけの女子プロレス界で、夢のカードが存在するが4年後となると、、、(遠い目)。
[PR]
by barry_lions | 2004-08-24 15:13 | Battle
2004年 08月 24日
女子レスリング。
今回のアテネから、正式種目となった女子レスリング。
フリーのみ、しかも4階級というマイナーな感は否めないが、ここで注目されれば、レスリング大国も本腰を入れてくる可能性もある。
そうなると、日本がメダルを独占出来るのは、今回と次回だけということになるかもしれない。

世界的に見て、女子レスリングはマイナースポーツだ。
男子レスリングは、メジャーとまではいわないまでも、オリンピックでは注目されている。
アメリカ、フランス、ロシアなどのオリンピック大国が力を入れている。
# もし、あのカレリンがグレコではなく(米国のお家芸とされる)フリースタイルだったら、アメリカレスリング界は、マスコミからもっと叩かれていたはずだ。

さて、女子レスリング。
日本では、世界に先駆けて、取り組んでいた競技であり、オリンピックを待ち望んでいた競技だ。
山本姉妹が、全女のリングでレスリングをしたり、全女のプロレスラーがレスリングの大会に出たりと、積極的に外との交流に励んでいた。
そうやって、注目されない競技の中、モチベーションを保っていたのかもしれない。

初期の女子レスリング自体の面白さは、なんといっても積極性だった。
男子の場合は、ある程度の点差がつくと、攻めながら守るという老獪な作戦に切り替わるが、女子の場合は終始攻める姿勢を崩さない場合が多かった。
それは、闘争本能(負けん気)という部分で、男より全然強いのでは?と思ってしまうほどの激しさだった。
現在は、競技が円熟してきて、タクティクスが上回ってきた感がある。

ともあれ、日本の女子レスリング界は、世界で産声を上げたばかりだったこの競技の先頭を走っていた。
そして、(独走ではないものの)先頭を走ったまま、今回のオリンピックへ突入した。
[PR]
by barry_lions | 2004-08-24 11:55 | Battle
2004年 08月 24日
0823のパレスチナ、イスラエル関連
のニュースをピックアップ。

入植地めぐる米の姿勢は中東和平に打撃=パレスチナ自治政府
【ラマラ(ヨルダン川西岸) 22日 ロイター】 パレスチナ自治政府は22日、アラブ連盟の支持を背景に、イスラエルによるヨルダン川西岸のユダヤ人入植地の一部拡大を受け入れる可能性がある、と米国が示唆したことについて、同国は中東和平プロセスを破壊している、と非難した。
 これまで米国は、すべての入植地における新たな建設の凍結を求めてきた。しかしブッシュ政権は21日、ガザ地区からの入植地撤退計画の実現を模索しているシャロン・イスラエル首相を支援するため、ヨルダン川西岸の一部入植地拡大に対して柔軟な姿勢をとる可能性がある、と表明した。

入植地めぐる米の姿勢は中東和平に打撃=パレスチナ自治政府
 パレスチナ自治政府のクレイ首相は記者団に、「ユダヤ人入植地を拡大してもよいと米国が言っているとは考えていない。それは、中東和平プロセスを妨害し、破壊することになる」と語った。
 アラブ連盟のムーサ事務局長は、カイロで記者団に、「中東和平プロセスが存在するとしたら、米国がそうした立場をとることは計画全体に打撃を与え、実現をより困難にするだけだ」と述べた。

イスラエル、西岸で新たに100棟の住宅建設に着手
 【エルサレム 23日 ロイター】 イスラエルは23日、ヨルダン川西岸で新たに100棟の住宅建設に着手した。政治筋が23日明らかにした。
 エルサレム郊外の入植地には、すでに120家族が入植している。工事は今月始まり、年内に完工の予定という。

イスラエル、西岸で新たに100棟の住宅建設に着手
 パレスチナ当局は、米国が入植地拡大を容認する可能性を示唆したことについて、中東和平プロセスを破壊する行為と非難している。

イスラエル、ガザ入植者の撤退支援事務所を開設
【カイロ=金沢浩明】イスラエル首相府は22日、ガザ地区などからの入植者の撤退を支援する事務所を開設したと発表した。主にガザ地区の約8000人のユダヤ人入植者などに対し、移住に際しての補償金の支払い手続きなどを行う。
 シャロン首相の推進する撤退計画に対しては与党リクードが18日の党大会で、計画推進派の野党労働党との連立政権構想を否決するなど、政府内の抵抗も強い。新たな公的機関の設立により、同首相は改めて計画の実行を強調した格好だ。
 同事務所によると入植者は1世帯当たり30万ドルの補償金を受け取ることができる。ただ、ガザでは極右派を中心に、撤退に強硬に反対している入植者も多い。 (13:01)

[PR]
by barry_lions | 2004-08-24 03:12 | Middle East
2004年 08月 23日
dot the i ドット・ジ・アイ。
遅くなりましたが、お盆休み中に、シネセゾン渋谷で鑑賞してきたので、感想などを。

サスペンスなのか?ラブストーリーなのか?という売りのこの映画。
ストーリー展開に意外性を求めすぎると、この内容だと辛いかもしれませんが、普通に面白く観られました。

といっても、この映画の目玉は、主役の「ガエル・ガルシア・ベルナル」。
「アモーレス・ぺロス」や「天国の口。終りの楽園。」で一躍脚光を浴びたメキシコ人俳優。
この映画では、片親が英国人のコロンビア人を熱演。
ラティーノであるはずなのに、綺麗な英語を話す辺りは、すでにハリウッドにロックオン?

クリストファー・ランバードを若くしたような、この美少年には、とりあえず注目しておきます。

参照URL
dot the i ドット・ジ・アイ 公式サイト
[PR]
by barry_lions | 2004-08-23 14:37 | Cinema
2004年 08月 19日
0818のパレスチナ、イスラエル関連
のニュースをピックアップ。

イスラエル与党リクード、労働党との連立で反対票が上回る
 [テルアビブ 18日 ロイター] イスラエルの与党リクードは18日、シャロン首相が野党労働党と連立を組むのを阻止するため、投票を行った。連立を組めば、ガザ地区からのユダヤ人入植地撤退計画が複雑化するとみられている。
 投票は党内の強硬派が主催したものだが、拘束力はない。

イスラエル与党リクード、労働党との連立で反対票が上回る
 リクード当局者の発表によると、投票では党中央委員会メンバーの58%が、労働党との連立に反対票を投じた。
 ただ、シャロン首相の側近は、首相は投票の結果にかかわらず、パレスチナからの「分離政策」のプランを推進するだろう、としている。
 世論調査では、大半のイスラエル国民がシャロン首相を支持。ただ、政権内で過半数を獲得するためには、シャロン首相は労働党との連立が必要となっている。

イスラエル与党リクード党大会、労働党との連立否決
 シャロン政権は6月にガザ撤退計画に反対する極右政党の一部が連立を離脱し、国会での議席数が59と全体(120議席)の半数を割りこんだ。そのため同首相は撤退計画の推進で一致する労働党など主な野党と連立協議に入ったが、もともと右派であるリクード内の一部には中道・左派の労働党に主導権を握られることに対する警戒心が強いうえ、経済政策でも意見が異なるなど協議は難航していた。 (10:31)

元々の噂では、ガザ撤退計画と労働党との連立与党はセットと考えられていた。
シャロン首相の願うところは、まずはイスラエルの安定であり、自分の足元固めであろう。

が、イスラエル内では、賛成の多かったとされる、ガザ撤退計画案がリクードで拒否されてから、ゴタゴタは未だに続いている。
対パレスチナ、アラブ諸国を見ながら、実はイスラエル国内から足元をすくわれるというのは、イスラエル政治の伝統なのかもしれない。

ともあれ、最大野党である労働党も、非力であることには変わらないので、このお家事情はまだまだ続くだろう。
[PR]
by barry_lions | 2004-08-19 13:03 | Middle East


    


アクセス解析