<   2005年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧
2005年 02月 28日
トニー滝谷
とても、興味深い映画だった。
なるほど、これはエドワード・ホッパーをモデルにした映像かぁ。
CM出身の市川準だけに、印象に残る画面が多かったのは、そういうわけかと、勝手に納得。

ネットでの評価は真っ二つ。
実験的な取り組みへの評価と、村上春樹の世界観を作りきれていないという評価。

活字は読まない方ではないが、W村上は読んだ事が無い。
どうも嗜好が合わないというか、食わず嫌いというか、読むチャンスにめぐり合わない。
なんといっても、本屋さんにおいて、本と目が合わない。
はて、何故だろう?

ともあれ、村上春樹の世界観を読んでいないので、原作との比較は出来ないが、単純に映画としての完成度を楽しめた。

ナレーションとセリフの兼ね合い。
俯瞰が多いわけではないのに、広がっていく画面。
短い上映時間に、全てがテンポ良く進んでいく。
そのテンポの速さに、人物に対する愛着が湧きにくいという難点もあるが、気持ち良く映画は進み、終了する。

あれだけいい加減に育てられたトニーが、父親に対する友情に似た愛情を持ち続けられた事に、驚いたが、理想的な家庭環境が理想的な親子関係を生むとは限らないので、当たり前といえば当たり前なのか?
また、主演がそれぞれ2役の意味は、感じ取れなかった。

# その昔、岡部マリ見たさに「りゅうずばー」を観ていたけど、(村上龍は)ギトギトしている人という印象しか無かった。まさか作風もギトギトしているとは思わなかったけど。


トラックバックURL。
トニー+marron

参照URL。
tony takitani official web site
[PR]
by barry_lions | 2005-02-28 03:17 | Cinema
2005年 02月 27日
恋と愛(居酒屋トーク その1)。
五井口愛を語る。からトラックバック。
居酒屋トークとしては、定番のこのテーマ。

恋と愛の違い。
オッさん曰く
恋というものは、近くにあり自分の行動範囲にあるもの。
愛は、時間や空間に左右されない相手を思いやること。
なるほど、恋とは実態として認識出来るモノであり、愛とはそれを超越したモノという認識なんですね。
大学生らしき女性がその話題に加わり、
恋は自分勝手にその人を好きになる事で、
愛はその人の為に自分の利益に関わらず尽くす事
こちらは、相手への接する度合いによって、恋と愛が変化するというわけか。。。フムフム。

ちなみに、この話題で思い出すのは、20歳の頃。
一緒に働いていた40歳前後の上司に、「恋と愛とは、何が違うと思う?」と聞かれた時。

一瞬悩んだ後に、自分の出した回答は、

恋とは、対異性(もしくは性的相手)にのみ対する感情。
愛とは、上記に関係なく相手に対する感情。

と答えたら、その上司は「おまえには恋愛は向かない。」と断言され、その後に延々と恋愛について語られた。


現在使われている、愛なんて所詮外来語みたいなもんだ。
キリスト教の伝来と共に西洋からやってきた愛という言葉に意味は無い。
つまり近代に入るまで、日本に愛は存在しなかったのだ。

恋にしても、愛にしても、感情が先にあり、後から人間が、言葉をつけただけの話なんだから、その区別を熱く語るのは、ナンセンス。

などと、その上司の会話を聞きながら思ったが、もちろん、口には出さなかった。
もちろん、恋愛論を熱く語っている彼に、言葉の定義とは違って来ているじゃん!などとも、口には出さなかった。
私は思う。
宇宙が生まれて137億年前。
宇宙の定義から考えれば、人間の生まれた時間は、つい最近だ。
それまでの数百億年間は、天国も地獄、輪廻転生も無かったのだ。
それを作ったのは、人間自身だ。
海外TVドラマ「オデッセイ5」の台詞だ。
これに対して、苦言を呈するのは、ここでもキリスト教信者だったりする。

やはり、敵はキリスト教なのか(いいのか?そんな結末で?)。


ついでなので、恋愛を辞書で紐解こう。
れんあい【恋愛】 
 特定の異性に特別の愛情をいだいて、二人だけで一緒に居たい、出来るなら合体したいという気持ちを持ちながら、それが、常にはかなえられないで、ひどく心を苦しめる・(まれにかなえられて歓喜する)状態
三省堂新明解国語辞典第4版より。
深いんだか、深くないんだか。。。


トラックバックURL。
五井口愛を語る。goiguchi
[PR]
by barry_lions | 2005-02-27 05:15 | Memo
2005年 02月 26日
K-1 WORLD MAX 2005~日本代表決定トーナメント~
小比類巻が連覇! 5月世界大会へ/武田は無念の準決勝棄権
小比類巻36秒KOで連覇/K-1

K-1の判定の基準が明確で無いのは、今に始まった事ではない。
考えるに、K-1への挑戦は、ホームゲームアドバンテージとして、判定まで行ったら外様の負けと考えた方が良いのだろう。
今回、疑惑の判定の犠牲になったのは、身内、正道会館の安廣だ。
それでも、人気や視聴率を考えれば、小比類巻に有利に運ぶのは仕方のないことだった。
3R 判定0-0 (黒住30-30/朝武29.5-29/武井29.5-29)
※0.5点差の場合、本戦3Rではドロー扱いとなる
左が小比類巻で、右が安廣。
この段階では、K-1の判定を曖昧にしている0.5の差で、小比類巻が優勢だった。
# 0.5点が本戦の判定ではドローとなるなら、採用する必然性は無いのだが。
4R 判定2-1 (黒住9.5-10/朝武10-9.5/武井10-9.5)
延長ラウンドがマストシステムならば、ここでも0.5点というのは、必要なかったりする。
ともあれ、ここで小比類巻は、ホームゲームアドバンテージで勝ち上がる。

面白いのは、準決勝の小次郎戦、決勝の新田戦と、尻上がりに小比類巻が調子を上げてきた事だ。
準決勝、内容では完全に押されていたのにもかかわらず、小次郎からダウンを奪い、決勝では出会い頭の前蹴りでKOを奪っている。
小比類巻の強みは、他の選手と違い、自分の所属する興行に出ることなく、このK-1に集中出来ることであろう。

さて、自分が注目した村浜は、準決勝で姿を消した。

一回戦、1Rでダウンを奪われたものの、最終3RでKO勝ち。
敗れた準決勝では、新田の老獪さに何も出来なかった。
この新田は、村浜を判定で破ったDAVIDを下してK-1のリングの切符を手に入れた。

村浜は、IKUSA絡みの選手との2連戦だったが、一回戦こそ勝負強さで勝ち上がったが、フットワークの軽さとパンチのキレは、昔に比べると格段に落ちていたように感じた。
キックに専念するのなら、この階級は厳しいのかもしれない。

この日、一番の内容だった新旧王者対決は、クラウスが判定勝ちを納めた。
元々ヒジが無いK-1のルールにおいて、首相撲からのヒザも禁じられれば(今回から?)、ブアカーオには不利だ。
クラウスは距離を詰めて接近戦でパンチを入れてくる。
対するブアカーオは、距離を取る為に左ミドルをカードの上から叩きつける。
この試合で、パンチ主体の魔裟斗にも、対ブアカーオの糸口が見つかったかもしれない。


カードが発表され、期待された今大会。
終わってみれば、最初の期待以上のものが見せられなかった。
まだまだ、このクラスは日本の強豪が多く、今回のトーナメントでもレベルの高い大会が見られるはずだったのに、残念な結末になってしまった(毎度のことか 汗!)。

トラックバックURL。
K1 MAX 日本トーナメント映画とドラマと独り言。
小比類巻貴之、MAX日本代表決定トーナメント連覇プロレス専門BLOG「ブラック・アイ」

参照URL。
K-1 WORLD MAX 2005~日本代表決定トーナメント~
K-1 WORLD MAX -日本代表決定トーナメント-
(速報版) [K-1 MAX] 2.23 有コロ:コヒ、日本代表戦2連覇boutreview.com
[PR]
by barry_lions | 2005-02-26 03:04 | Battle
2005年 02月 25日
呪怨@劇場版
先日のテレビ放送分を鑑賞。
正直な感想を言えば、奥菜恵が可愛かった、、、くらいか。


ビデオ版は、1だけWOWOWで観たのだが、少ない予算の中とても頑張っている感じがして好感が持てた。
こんな発言をすると、高い場所から作品を評価しているように感じるだろうが、ビデオ版は思わずそんな感想を述べてしまうような低予算ホラーに出来上がっている(もちろん、良い意味で)。

で、この劇場版。
民放&ゴールデンタイムということで、カットされた部分もあったのだろうが、全体的に中途半端になってしまっている。
ビデオ版よりも自由な予算はあるものの、スケールアップしている感じではない。そして、それがまた中途半端な印象を強めている。

怖いというよりは、滑稽だ。
また、ジェイソンやフレディのように、製作者側が「笑って!」という作りになっているわけでもない。
う~ん、困った。

現在、(いわゆる)ハリウッド版が公開されているが、こちらは、十分に予算を使ったと予想される。
日本映画界は低予算の中で検討しているが、もしハリウッド並の予算を使えたら、どの程度ものが作れるのか?
この「THE JUON 呪怨」には、その答えが隠されているのかもしれない。
# といいながらも、CSに落ちてくるのを待つけど。


トラックバックURL。
呪怨 劇場版 デラックス版私が読んだ本【書評と映画レビュー】

参照URL。
じゅおん【呪怨】
THE JUON 呪怨
[PR]
by barry_lions | 2005-02-25 01:50 | Cinema
2005年 02月 24日
ベルヴィル・ランデブー
流石、プランス。
アニメといえども、自転車の描写は見事としかいいようが無い。

数年前に公開されたブエルタを舞台にしたアニメ「アンダルシアの夏」では、高坂監督の自転車への(ロードレースへの)こだわりが感じられた。
こちらは、舞台の一つにツールを取り上げているだけなのに、一つ一つのディテールに愛情を感じてしまった。
# ホイールのメンテナンスが、伏線としていきてくるなんて、想像もしなかった。

さて、全体の感想だ。
多くの所で、多くの人が語っているように、とても不思議な映画だ。
不思議な絵に、不思議なキャラクター、単純なのに不思議な物語。
そのどれもが愛らしく、使われている曲と同様に心に残る。

キャラバンカーが詰まってしまうような、細かいギャグがふんだんに散りばめられ、短い物語はあっという間に終了する。


閑話休題。
色々なblogを読んでいて、疑問に思ったのは、ベルヴィルが何処か?ということ。
一応、架空の街という設定だと思うが、アメリカとしている人と南仏としている人がいる。
パンフなどを読んでないので、本当の所は分からないが、自分はフランスなのでは?と思っている。
自由の女神といってもパリにもあるし(現在はお台場?)、英語が出てきたのもマクドナルドらしきお店の中だけで(また、この中でのやり取りが笑わせてくれる)、外は仏語だ。
また、アメリカでロードレースのギャンブルが成立するとは思えないし、、、さて。


追記。
テアトルタイムズスクエアでは終了してしまったこの「ベルヴィル・ランデブー」。
(都内なら)3月4日までは同じテアトルの銀座テアトルシネマでレイトショー公開。
3月5日からは、吉祥寺バウスシアターで公開とのこと。


追記2。
う~ん、これが精一杯(汗!)。


トラックバックURL。
ベルヴィル・ランデブーbefounddead
ベルヴィル・ランデブー でスウイングしちゃいました
もっきぃの映画館でみよう
Les Triplettes de BellevilleTDF2004
映画のなかの人生…Vol.392「ベルヴィルランデヴー」★★★★☆映画のなかの人生、映画のような人生。

参照URL。
映画「ベルヴィル・ランデブー」オフィシャルサイト
CINEMA BOX|東京テアトル映画情報
吉祥寺バウスシアター
茄子 アンダルシアの夏
[PR]
by barry_lions | 2005-02-24 03:52 | Cinema
2005年 02月 23日
preview@K-1 WORLD MAX 2005~日本代表決定トーナメント~
山本“KID”徳郁が欠場となった。

KID、右肩負傷で欠場!=K-1 MAX

なんと、欠場の発表が前日である。前日といえば、その前日に
丸刈りKID「普通に優勝」/還暦を迎える父に優勝捧ぐ
で、優勝宣言(?)をしていたりする。
山本KID徳郁が21日、都内のホテルでインタビューに臨み、武田戦への意気込みを語った。
この辺りの細かい部分はわからないが、主催者側に責任がある気がしてならない。

もっと早めに対処すれば、KID抜きでも興味深いカードが出来たはずだ。
KIDの代打は、元五輪代表の宮田=K-1
この階級、日本人の強豪が沢山いる中で、立ち技初心者がいきなりのエントリー。

これで体力&スタミナ勝負のトーナメントで、対戦する武田が有利になった。
もちろん、モチベーションが落ちている可能性もあるが、その他の3試合は体力を削る可能性が強いからだ。

それなら、リザーブマッチの新田明臣かASHRAを本戦に上げて、リザーブマッチに宮田を入れるのが普通だろう。
う~ん、この辺りは、現在のK-1に存在する「いい加減」が顔を出している。

とりあえず、トーナメントのカードは以下の通りだ。
[PR]
by barry_lions | 2005-02-23 04:20 | Battle
2005年 02月 22日
Newsweek 2005/2/23号
今週号の特集は「ストレスに克つ100の方法」。
ストレスが無くなる事はないのだから、上手に付き合っていこう、といった内容だ。
詳しい内容は、本文に譲るとして、イラストとして使われているスコット・アダムスの漫画のキャラクターが可愛い(下記URL参照)。


一コマ漫画で面白かったのは、中東関連の話題。

「中東和平」という車を直しているシーン。
シャロン「エンジンの修理は私がやるよアッパス君」
アッパス「トランスミッションの整備は私がやろうシャロン君」
ハマス「じゃあ、俺はトランクに爆弾を積んどいてやるよ」


TokyoEye。愛想笑いの国を覆う「いい人症候群」
最近、テレビでも顔を見るようになった李小牧のコラムから。
相手といい関係を築きたいから心をさらけ出す。お互いに率直に言い合えば、けんかをしても尾を引かない。
 日本人がけんかをしないのは、「いい人」と思われたいからだ。
この場合のけんかが、口のみの喧嘩なのか、それとも暴力も含めての喧嘩なのか分からない(いや、恐らく前者だろう)。

人と人が分かりあえる事など本当にあるのだろうか?

相手の事を分かったと思い込む事が「分かりあえる」というのならば、話は別だが、実際は譲れない部分と譲れる部分を交換することによって、人間関係は出来上がっていると考えている。

それを無意識で出来る(価値観が一緒の)相手が、友達とか恋人(親友)と呼ばれていて、相手との関係において妥協が大きくなればなるほど、友達とはいえなくなる。

が、仕事仲間となれば話は別だ。
同じ目的に向かって行動する為に、妥協も気楽になったりするから不思議だ。

さて、喧嘩に話を戻して、、、
どんなに親友でも、絶対に譲れない部分が出てきたりして、意見が合わない時がある。
その対処が、妥協でも喧嘩でも、人それぞれなわけで、「けんかをしない」から「退屈な人」と片付けるのは、どうだろう?

たとえば、自分と李小牧氏では、この部分の解釈が違うわけだ。

これを、お互いに主張しあっても、平行線だけで話は終らない。
喧嘩になったところでどうにもならない。
もし、話が終結するならば、どちらかが相手を、強引に納得させた結果だろう。
言い包められた方は、本当に納得したのか?実のところは分からない。

また「お互いに率直に言い合えば、けんかをしても尾を引かない。」という部分は絶対ではないと思う。
もちろん、尾を引かないけんかもあるだろうし、友達を無くしたりして一生悔いるけんかだってあるはずだ。
もし、けんかを沢山経験したのに、後悔したけんかを全く経験したことが無いのなら、(けんかの相手が)本気の意見を言わなかったか、自分中心でしか物事を考えられないので相手の本意を無視しているか、どちらかではないか?と勘ぐってしまう。

「相手といい関係を築きたいから心をさらけ出」したとしても、妥協出来ない部分は絶対出てくる。
分かり合えない部分(譲れない部分)を自覚した後にも、相手を尊重出来るか?こそが、人間の大きなテーマの一つだと思う。

「話せば分かる」という言葉には、自分の意見を出しただけで満足してしまうという(相手を無視した)人間性という裏を感じてしまうといったら大袈裟だろうか?

参照URL。
Newsweek Japan Online
ディルバートのリストラ社会生き残り術―対訳
Dilbert.com - The Official Dibert Website
United Media K.K.
歌舞伎町案内人--李小牧公式サイト
[PR]
by barry_lions | 2005-02-22 00:08 | Memo
2005年 02月 21日
統一。
(恐らくは)時間切れ引き分けのはずだった。
60分、フルタイム引き分け。
多くのファンが予想したこの結末ならば、三冠王者とIWGP王者が傷つかずに物語を終えられるからだ。

史上初と銘打ったこのストーリーは、序盤の静かな立ち上がりから、予想された結末に向うのは明らかであった。
中盤からの大技の攻防においては、その結末に向っているにも関わらず、観客はこの試合を支持していた。

そして終盤も終盤。
小島が全日系のレスラーに対するオマージュ(技)を繰り出した直後に、天山が完全にグロッキー。
結果、フルタイム引き分けまで11秒を残し、ベルトは統一された。

新日本プロレス「新春黄金シリーズ」最終戦 小島が勝利! IWGPが全日本へ流出
新日本プロレス「新春黄金シリーズ」 小島が統一王者!残り11秒で天山KO

ダウンしている天山に対して、ストンピングやエルボーで起こしながら、立ち上がって来いと声をかけていた小島。
その状況を無視して、リング上ではカウントが数えられ、試合終了のゴングが鳴った。

残り時間が数分だった事を考えれば、そのまま試合を流して、当初の予定通り、時間切れ引き分けでも良かったはずだ。
結果からいえば、試合の流れと観客の反応を感じ取り、今回のような決断をしたリング上の判断は、素晴らしいと思う。

それでも、納得しないファンがいるのは当然だろう。
しかしながら、一番納得いかなかったのは、負けた天山であり、勝った小島であろう。

二人の親友が、リング上で描ききれなかった絵を完成させるのは、次の対戦になる。
願わくば、もう一つ高い位置での対戦を希望したい。


新日本プロレス「新春黄金シリーズ」最終戦 2月20日(日)両国国技館、PPVで観戦。

トラックバックURL。
ダブルタイトルマッチコジログ 小島聡blog
新日本・両国、速報ラストプロレス専門BLOG「ブラック・アイ」

参照URL。
新日本プロレス「新春黄金シリーズ」最終戦
新日本プロレス「新春黄金シリーズ」
[PR]
by barry_lions | 2005-02-21 12:58 | Battle
2005年 02月 21日
PRIDE29@さいたまスーパーアリーナ
小粒ながらも、興味深いカードが出揃った今回のPRIDE。
いつも通りのマラソン興行もPPV観戦なら、お気楽に見られる。
詳細と結果は、下記のURLに譲るとして、

感想などをツラツラと。
[PR]
by barry_lions | 2005-02-21 03:42 | Battle
2005年 02月 19日
全日@代々木大会2.16
いわゆる第三世代の中で、唯一ペースと質を落とさずにプロレスを続けているのが、小島聡だ。
この第三世代、素材的には申し分無い選手が育っているものの、会社の方針と時代の流れとに上手く乗れる選手がいなかったのも事実だ。

その小島聡が、三度目の三冠挑戦で、遂に栄冠に辿り着くことが出来た。
これは、他の同世代と比べると、遅いベルト奪取になるのだが、それだけ団体が大切に育てたとも考えられ、そしてそれは、ライバル新日本を反面教師にしたとも考えられる。

とにかく、この日の興行は、大成功だった。
数日後に控えたIWGPとの統一戦を考えると、勝敗と展開が予想しやすく、そして話題も持っていかれる流れだ。
それでも、この日の会場は純粋に、この三冠戦を向かえ、リングで対峙したレスラー二人も、その期待以上のパフォーマンスを繰り広げた。

まさに三冠戦。
小島聡にとっては、天龍源一郎への初挑戦同様、三冠戦に恥じない試合内容で、王者(王道)川田からのバトンタッチを受け取り、そしてそれを会場のファンが指示した。

この事実は大きい。
なぜなら、多くのプロレスファンが予想した勝敗と展開だったにも関わらず、試合内容と結果が評価されたからだ。

プロレスがプライドやK-1に劣っている部分に、団体同士の軋轢や団体内での上下関係で「勝敗や展開が予想しやすい」という点がある。
新しい展開を探っても、WWEのような優秀なシナリオライターを用意出来るはずもなく、ジリ貧状態だ。

結局、悪戯に格闘技に走るのではなく、純粋にプロレスを追及した方が、つまりこの日のような、純プロレス興行の方が、ファンの満足度が高いという事になる。
# セミの師弟対決である、武藤と棚橋の一戦も想像以上の好勝負だった。

現在、全日のビックマッチは、会場を日本武道館からスケールダウンしている。
が、ファンの満足度が高いのなら、無理な背伸びをせず、現状でのベストを観客に提供する事こそが、その満足度を意地する事に繋がると思った大会だった。


全日本プロレス、「REALIZE」2005/2/16、国立代々木競技場第2体育館をPPV観戦。

トラックバックURL。
一夜あけて
追伸・・・
コジログ 小島聡blog


参照URL。
全日本プロレス「REALIZE」- nikkansports.com
全日本プロレス 「REALIZE」- sportsnavi
[PR]
by barry_lions | 2005-02-19 04:04 | Battle


    


アクセス解析