<   2005年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2005年 04月 22日
NFLアーカイブon G+
モンタナ率いるチーフスが、あのビルズを相手にAFC王者をかけて闘っている。
93年のシーズン。

現在、G+で放送されている「NFLアーカイブ」は、それまで放送されていたNFLフィルムズからの番組ではなく、10年以上前に日テレで放送されていた試合の再放送だ。

先週は、同じビルズがオイラーズを大逆転で破った伝説の試合を放送していた。
当時、珍しかった黒人QBのウォーレン・ムーンが、サイドラインでなすすべも無く敗れ去るのを眺めているシーンは、まさにデジャブ。

そして、今後も伝説の試合、伝説のプレイヤーの試合が放送される。

More
[PR]
by barry_lions | 2005-04-22 13:34 | NFL
2005年 04月 22日
UFC@WOWOW
UFC52をWOWOWで観戦。

メインは、ライトヘビー級のタイトルマッチ。
誰もが勝利を確信していたビクトー・べウフォートが、チャック・リデルに敗れるという大波乱。

ウェルター級王者マット・ヒューズは、試合開始早々にローブローを受け、レフェリーに反則をアピールしているところを、挑戦者フランク・トリッグに攻め込まれる。
フランク・トリッグのリベンジなるか?という所だったが、その不利な状況の中、どうやら一番落ち着いていたのは、王者マット・ヒューズだったのかもしれない。
ポジションを挽回して、スタンドになり、そのまま間を空けずにタックルで持ち上げたマット・ヒューズは、担いだ体制でオクタゴンの逆サイドまで走りこんでスラム一閃。
凄い。。。
最後は前回の試合同様に、バックマウントからのチョークで、挑戦者を退けた。

UFCを見るたびに思うのだが、、、
日本だとVTやMMAで勝つことの近道として柔術を取り入れている。
グレイシー柔術の台頭が、すなわちVTやMMAの世界的発展に繋がった事を考えれば、それは正しい判断だ。
対するアメリカUFCでは、活躍しているレスラーの多くが、柔術の技術も取り入れながら、ベースであるレスリングを基本にして闘っている。
そして、この日、一番それが顕著だったのは、マット・リンドランドだろう。

バックを取られてからの対応。
クラッチの切り方。
タックルの切り方、ガブり方。

どれも、レスリングの技術だ。
これはレスリングという競技が格闘技において優れているのではなく、アメリカ(におけるレスリング界)でのVTの対応が見事だったのだろう。

柔軟に柔術を取り入れて、総合の選手のスキルが上がる反面、バックボーンである格闘技の個性が感じられなくなった日本。
従来あるものを優先して、総合という新しい競技に対応していったアメリカ。

この辺り、国民性の違いが出ているのかもしれない。
柔術の親戚である柔道出身が総合の世界で活躍する一方で、最強といわれた相撲と競技人口の多い空手が、総合の世界で良い成績を出せない理由はそこにあるのでは?などと思っている。
[PR]
by barry_lions | 2005-04-22 03:07 | Battle
2005年 04月 20日
FINNISH MUSIC DAYS IN TOKYO 2005 - METAL SHOWCASE 5/12
FINNISH MUSIC DAYS IN TOKYO 2005 METAL SHOWCASE

遂にTO/DIE/FORが来日する。
実はまだ最新作を聞いてなかったりするが、待望の初来日。
ゴシックというカテゴライズを考えると、なかなか来日するバンドを観る機会が無いので、チケットを購入。

会場はリキッドルーム。
恵比寿に移ってからは、こちらも初体験。
新宿の階段を昇らないで済むのを考えると、嬉しくもあり懐かしくもあり。

今回の来日は、フィンランド出身のロックフェスティバルということになっており、ROCK SHOWCASE(5/14)には、THE 69 EYESが初来日。
日にちを変えた5/16には、そのTHE 69 EYESとMETAL SHOWCASEでヘッドライナーを務めるTWILIGHTNINGがカップリングのライブを行う。
# まぁ~、METAL SHOWCASEしか行く気は無いけど。

ちなみに、そのMETAL SHOWCASEでは、Viking Metalバンドが初来日する。
セカンドアルバムが昨年日本盤発売されたENSIFERUM
彼らは正統派なヴァイキングメタルで、個人的趣味を言わせてもらえば、もっとフォークやトラッド色の強いバンドが良かった。

ともあれ、次回の開催を期待しつつ、GW明けのライブを楽しみたい。

そういえば、サマソニに、同じくフィンランドのHIMが初来日。
まだ日本盤が出てないのに、、、

HIMだけの為にサマソニに行く気にはなれないなぁ~。
う~ん、嗜好が合わない>サマソニ。


トラックバックURL。
来日情報まとめてドン。メタル三面記事:: HM/HRのニュースをほぼ日刊で ::

参照URL。
creativeman
TO/DIE/FOR
ENSIFERUM
[PR]
by barry_lions | 2005-04-20 18:46 | Music
2005年 04月 19日
スパチャン。
なんと、スーパーチャンネルシックス・フィート・アンダーが放送される。
予定では、7月からということだが、AXNでは、同じ時期にデッドゾーンが控えているのを考えると、今年の夏は楽しみな海外テレビドラマの初放送が2本もあるということになる。
『シックス・フィート・アンダー』は、パサディナで葬儀社を営むフィッシャー家を 舞台に、世代間の価値観の対立、同性愛などセクシュアリティの混乱、ドラッグをはじめとする社会問題など、平和なサバービアの仮面の下に渦巻く"危機"を容赦なく暴 く、衝撃のヒューマン・ドラマ。葬儀業は日常的に人々の死に直面する職業である が、「フィッシャー・アンド・サンズ」に運ばれてくる故人たちのそれぞれの死にも、その背後に深い人生のドラマと教訓が秘められている。人々の"死"を通して限り ある"生"の現実をシニカルかつユーモラスに描き、本国アメリカで絶賛の嵐を巻き起 こした『シックス・フィート・アンダー』。「OZ/オズ」、「SEX AND THE  CITY」、「ザ・ソプラノズ」など、話題作を世界に発信し続ける米国HBOチャンネ ルの新たな傑作を、2005年7月、スーパーチャンネルでいよいよ独占日本初放送 !
う~ん、楽しみ。

同じスーパーチャンネルでは、今月から、ホワイトハウスが放送されている。
ハッキリ言って、声優で魅力が半減されている。勿体無い。

ERにしろアリーにしろ、NHKの配役には頭を抱える。
勘弁して下さい(哀願)。

参照URL。
SUPER CHANNEL
AXN
[PR]
by barry_lions | 2005-04-19 02:12 | TV Drama
2005年 04月 14日
WOWOW。
WOWOWで、ソプラノズをのんびり観ていたら、緊急生放送(?)でリーガ・エスパニョーラのレアル・マドリッドvsバルセロナを放送すると番宣。
好調バルセロナを地元に迎えた一戦、つまりバルセロナ@レアル・マドリッド。

サッカーには明るくないのだが、大一番ということで観戦。

う~ん、なんというか、スペクタル。
この試合をサッカーと定義付けると、他の試合はサッカーじゃなくなっちゃうなぁ~。

翌日、同じくWOWOWのエキサイトマッチで、マルコ・アントニオ・バレラの防衛戦を観戦。
エリック・モラレスとのラバーマッチを制した後の初防衛戦。
相手は南アフリカのムゾンケ・ファナ、世界ランク第2位の相手に全く何もさせなかった。
強すぎる。

来週の月曜日(4/18)には、ミゲール・コットの防衛戦にUFC(クートゥアvsリデル)がある。
う~ん、楽しみ。

参照URL。
WOWOW
[PR]
by barry_lions | 2005-04-14 00:56 | Memo


    


アクセス解析