<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
2006年 07月 31日
キングダム・オブ・ヘブン
It has fallen to us to defend Jerusalem, and we have made our preparations as well as they can be made.
None of us took this city from Muslims.
No Muslim of the great army now coming against us was born when this city was lost.
We fight over an offence we did not give against those who were not alive to be offended.
What is Jerusalem?
Your holy palaces lie over the Jewish temple that the Romans pulled down.
The Muslim places of worship lie over yours.
Which is more holy?
The wall?
The Mosque?
The Sepulchre?
Who has claim?
No-one has claim.
All have claim!

We defend this city not to protect these stones but the people living within these walls.
a0011865_11484562.jpgなるほど、こういう映画か!

オーランド・ブルーム扮するバリアンよりも、かの有名なサラディンの方が格好良く描かれている。
エルサレム王国からサラディン軍がエルサレムを奪回するまでが、この映画のストーリー。
映画では、バリアンがサラディンから譲歩を誇り高く勝ち取るが、実際は身代金を積むことによって捕虜を開放することになる。
が、皆殺しが当たり前であった戦いにおいて、捕虜を殺さなかったサラディンは英雄とされ、イスラム側のみならず敵からも尊敬された人物であったとされている。
時には同じ宗派の民族さえも皆殺しにされていた時代と考えると、彼の偉大さが分かる。
特に捕虜を殺さない事が味方から認められるという事が凄いと思うのは自分だけか?

バリアンがエルサレムを明け渡す時にサラディンに訪ねる。
Balian "What is Jerusalem worth?"
Saladin"Nothing."

Saladin "Everything."

[PR]
by barry_lions | 2006-07-31 12:58 | Cinema
2006年 07月 28日
Black and Yellow
WAR「FINAL~REBORN to FUTURE~」

a0011865_2254396.jpgWARの興行ながらも、WARらしく無い雰囲気の中、WARの歴史は幕を閉じることになった。
阿修羅、カブキ、安良岡といった大切なメンバーこそ居ないが、WARの歴史に欠かせないレスラーが試合を飾った全ての試合は、まさにWARの風景。
そしてWARの絶対的な象徴である天龍がいるリング。
見覚えのあるファンの顔々。
それでも雰囲気にはかつてのWARの面影は無く、久しぶりのWARの興行を楽しもうという観客の前向きな気持ちが前面に出ていた。
それが会場の雰囲気を温めて、全ての試合とレスラーを後押しした。
結果、とても充実した興行になり、大成功の内に幕を閉じた。

a0011865_2261823.jpgもちろん、それは決して間違っていない。間違っていないが、それは自分の知るWARの雰囲気では無かった。
どちらかといえば、WARにはネガティブな観客の雰囲気と毒が会場を支配していた。
WARが興行を行っていなかった数年で、ファンもSWSの解毒に成功したのだろう。

ともあれ、この日の興行は前売り券は売り切れ。
満員の後楽園という、これまたWARでは珍しい興行となった。


a0011865_227674.jpgリキプロのエースでありWAR最後の良心と言われた石井智宏が維新力とのシングルというミスマッチ的な第1試合。
天龍参加のミックス・ド・タッグマッチ。
グダグダなのに、皆で楽しむジュニアタッグ。
試合レベルの説明すら不要なドラゲー提供試合。
邪道外道。
望月のIJ戦。
そしてメインの平成維震軍。

ドラゲー提供試合以外は、試合内容的に疑問は残るものの興行的には大成功で終わった。
Wrestle association RのR。
今回のRの意味は、reunionだったのだろう。
今日は平日なのにたくさん来てくれてありがとう。今日はドラゴンゲート、今日出てくれた選手のみんなに感謝してます。今日来てくれたファンのために、どれだけ時間が残されているか分かりませんけど、一生懸命頑張ります。今度は僕の方からみなさんの頑張る姿を見ていきたいと思います。今日はどうもありがとうございました

[PR]
by barry_lions | 2006-07-28 02:29 | Battle
2006年 07月 28日
Phonak confirms Landis positive
Phonak confirms Landis positive
Tour de France winner fails dope test

ドーピング問題で始まった今年のツール。
レースは面白かったのに、総合争いが消極的過ぎて退屈だった。その現状を打破して、そのまま総合優勝をしたランディス。
そのランディスだが、第17ステージの終了後のドーピング検査に陽性反応が。
If Landis's B sample confirms the result of his A sample, the 30-year-old is certain to be stripped of his victory.
なるほど、最終的な確認(Bサンプル)待ちということか。
これで裏付けされると、ツールでの勝利が剥奪されてチームから解雇されるみたい。

今年のツールは、最初から最後までドーピング疑惑に振り回された。
「終わりよければ全て良し」だと思ったのになぁ~。
[PR]
by barry_lions | 2006-07-28 01:29 | Bicycle
2006年 07月 15日
Lost
a0011865_12202791.jpgJJエイブラムズの話題作、LOSTの第2シーズンがそろそろ始まる。
飛行機事故で無人島での生活を余儀なくされる様々な人々の苦悩という古典でありがちなストーリーを、エイブラムズ独特のテンポと現代の社会情勢を照らし合わせるような人種を物語りに当てはめ、対立と愛憎を深めていくテレビドラマ。

最初に感じた印象は、ドラマ版のサバイバーシリーズか無人島版のCUBEか、という感じだったが、Newsweekでのインタビューで、エイブラムズは現代版の「蝿の王」をイメージしていると話している。

そう考えると、沢山の類似点が出てくる。

太った主要メンバーがリストを作る点。
狩り(Lostは猪、蝿の王は豚)。
喘息。
獣の存在。
などなどだ。

恐らく、蝿の王の中に出てくる蝿の王こそが、Lostにおけるハッチなのでは?とも思う。
が、何よりLostのストーリーで、良心でありリーダーである主人公がの名前がジャックというのは、決して偶然では無いと思う。
蝿の王の中でのジャックは、Lostの中でのロック的存在だ。

また、蝿の王のエンディングは、ハッピーエンドでは無いと言われている。
確かに評論家の話を聞けば納得するけど、単純にハッピーエンドだと思っちゃったぞ>自分。
そう考えると「アトランティスのこころ」のボビーは凄い小学生だ。

さて、Lostの最後は、果たしてどうなるのであろう?
Saints and sinners
Something within us
We are lord of flies
Iron Maiden「X Factor」- Lord Of The Fliesより

参照URL。
AXN|LOST
ABC: Lost
[PR]
by barry_lions | 2006-07-15 12:17 | TV Drama
2006年 07月 13日
Bus
a0011865_17534194.jpg

[PR]
by barry_lions | 2006-07-13 17:53 | Memo
2006年 07月 11日
WOWOW
前からBSの映りが悪くって気になっていたものの、見られない状態では無かったので、放置していたら、もっと酷くなってきた。
スカパーもケーブルテレビも問題が無いので、何処かの接続の問題なんだろうけど、問題箇所を探すのが面倒。
そんな中、WOWOWでエキサイトマッチとUFCを観戦。

エキサイトマッチは、なんといってもコットvsマリグナッジ。
判定でコットが勝利したものの、ポール「マジックマン」マリグナッジが凄かった。
というか、あのコットと渡り合っただけでも評価に値するし、気が強いのがプロ向き。
会場からのブーイングなど気にせずに、煽る煽る。

それから、マイティー・モーのボクシングデビュー戦も放送。
39歳の当て馬(と思われるボクサー)を攻めきれず、判定負け。
負けても良いからガンガン前に出るのがモーを始めとするサモア系の売りだったはずなのに、豪腕は唸らず。

それからUFC。
ティト・オーティズvsケン・シャムロックとティム・シルビアvsアンドレイ・アルロフスキーが2大メーンの今大会。
興行のメーンであるティム・シルビアvsアンドレイ・アルロフスキーは、消極ファイトに終始。
でも、あの観客の前でそんなファイトをするのも勇気がいるかも。
もちろん、会場は大ブーイング。

話題的なメーンはティト・オーティズvsケン・シャムロック。
リアリティ番組である「ジ・アルティメット・ファイター」でのゴタゴタをそのままリングに持ってきたプロレス的なカード。
良くPRIDEファンが「ホイスといいシャムロックといい名前だけのロートルを使う辺り、UFCも限界か?」みたいな意見があるけど、ロートルといえば、PRIDEだって変わらない気が、、、
桜庭や藤田なんかもロートルだと思うんだけど、カードが決まれば話題になるのにね。
ともあれ、ティトが返り討ちにしたものの、遺恨の残る結果に。
また、試合後にヴァンダレイ・シウバがマイクでチャック・リデルを呼び込み、11月の対戦をアピール。
リデルがババルとのタイトルマッチを防衛すれば、このカードが実現する。
リングではシウバが、オクタゴンではリデルが有利な気がするけど。。。
[PR]
by barry_lions | 2006-07-11 17:59 | Battle
2006年 07月 11日
Sing with the angels Sabine! We will never forget you!
Deeply confused and sad, we have to inform you, that Sabine isn't among us anymore!
a0011865_1635172.jpgELISのフィメールヴォーカルのSabineが亡くなった。
バンドのリハーサル中(06.7.7)に脳出血に陥り、その日に病院で亡くなったとのこと。

また、バンドとしての今後は未定であり、とても混乱しているとの事。

参照URL。
ELIS オフィシャル
Elis (Band) Wikipedia
Dark Clouds in a Perfect Sky [from US] [Import]Amazonで、視聴出来る。
Napalm Records内でのプロフィール。
[PR]
by barry_lions | 2006-07-11 16:29 | Music
2006年 07月 07日
WAR FINAL ~REBORN to FUTURE~(その2)
一部カードが発表された。

天龍、北原、折原、フジイ
VS
越中、青柳、小原、X


邪道、外道
VS
金村、GENTARO


ドラゲー提供試合
斉藤了、キッド、堀口
VS
横須賀、アラケン、神田


マグナム、イーグル沢井
VS
X、X


維新力
VS
石井

カードの感想
[PR]
by barry_lions | 2006-07-07 16:50 | Battle
2006年 07月 07日
WAR FINAL ~REBORN to FUTURE~(その1)
WARの最終興行とされる「WAR FINAL ~REBORN to FUTURE~」が7/27に後楽園ホールで開催される。
サブタイトルを見ると、本当に最後なのか?と勘ぐってしまうが、天龍の年齢と体力を考えると、最終章であることは間違いないだろう。
まぁ、最終章がどれだけ続くかという疑問もあるが。いや、ドラゴンゲートがどれだけサポートしてくれるか?という疑問か。

続きを読む。
[PR]
by barry_lions | 2006-07-07 16:49 | Battle
2006年 07月 04日
McEwen claims second stage victory
McEwen claims second stage victory
"For me, the most important thing in the Tour de France is to win a stage," said Davitamon rider McEwen. "After the first week, I'll start thinking about the green jersey. I won it twice (in 2002 and 2004) but I also lost it twice and I know it's always a real war," he added.

忙しいレース展開を経て、マキュアンがステージ優勝とマイヨ・ベールを獲得。

ポイントだけでなく、総合や山岳も忙しく入れ替わったステージだった。
平坦のわりには中々面白く、飽きない展開で楽しめた。
総合は、各ポイントで頑張ったハスホフトが取り返し、山岳は猛暑の中逃げたデラフエンテが獲得。

右は、来年のツールには戻ってくると語るヴィノクロフ。
Vinokourov to become Astana chief
でも、他のサイトだと、優勝する最後のチャンスだったと語っているインタビューもあったりして、ちょっと複雑。

参照URL。
CNN.com internatinal
[PR]
by barry_lions | 2006-07-04 16:39 | Bicycle


    


アクセス解析