<   2006年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧
2006年 08月 30日
2006ワールドプールマスターズ #1
Raj Hundal vs Hiroshi Takenaka
“I’ve forgotten about this match already, said Hundal.
前年度覇者ラジー・フンダルとJBCのトッププレイヤーである竹中寛が戦う一回戦。
実力者同士の一戦にも関わらず、台に慣れないのか二人共ミスが目立つ展開。

出しミスの多いフンダルに入れミスの多い竹中。
それがそのまま勝敗に結びついてしまった。

両者とも最後まで調子が出ないまま試合が終わってしまったのがとても残念。

winner Raj Hundal 8
loser Hiroshi Takenaka 5

参照URL。
2006 World Pool Masters
J SPORTS 2006ワールドプールマスターズ
オンザヒル: ワールドプールマスターズ
[PR]
by barry_lions | 2006-08-30 15:36 | Up The Cue Sports!
2006年 08月 30日
Tour de France@YouTube - part 2
a0011865_1401467.jpg初の生中継が始まったブエルタを見ながらの更新。
ここで録画予約しているんだけど、本当の放送時間とここの予定時間がまったくバラバラ。
おそらくONTVの更新が遅いんだろうけど、ちょっとビックリ。
初日のプロローグなんて15分とか30分のズレじゃなかった。
第2ステージはギリギリ最後まで観れたけど、これから気をつけながら少し長めに予約しようっと。

で、Tour de Franceの画像。

23.7.06 Tour de France Champs Elysee 1
23.7.06 Tour de France Champs Elysee 2
23.7.06 Tour de France Champs Elysee 3
↑の三つは前回の最後と同様、最終日の映像のようだ。
どの辺りなんだろう?

最前線に陣取っているのか、中々の迫力。
画質の影響なのか、選手がクレイアニメーションのように見えてしまうのが残念。

Tour de France 2003 horse crash
こちらは、題名通り2003年のツールで、乗馬しながら集団と並走するものの馬が転ぶという映像。
テレビからの映像なんだろうけど、何故かメチャクチャ画質が良い。

Tour de France 2006 Davitamon-Lotto
Tour de France 2005 Cathy Armstrong
Tour de France 2005-Pt 2
一番上はバックステージの模様を見せてくれる映像。
下の二つはツールを追いかける旅日記風の画像でなかなかの力作。
とても興味深いんだけど、Cathy ArmstrongとLuminent.XLって誰?

あれ?全部google.videoだった。
うわっ!ザベル、久々の優勝だ!

リンク集。
[PR]
by barry_lions | 2006-08-30 01:35 | Bicycle
2006年 08月 30日
2006ワールドプールマスターズ
今年に入って全く新しい番組が放送されなかったJスポーツのビリヤード関連。
半年以上過ぎて、やっと2006ワールドプールマスターズが放送され始めた。
6月16日から18日まで、オランダのエグモンド・アーン・ズィで開催される世界で最も大きい9ボール・プール大会であるワールドプールマスターズ。1993年にヨーロピアン・プール・マスターズとして産声を上げたこの大会は、以来、世界の名だたるプレーヤーたちが覇権を競い合ってきた。この大会は選ばれた16人の選手によって争われる、9ゲーム先取り、シングルイリミネーションの大会である。
今年のワールドプールマスターズは、JBCの竹中やスヌーカーのスパスタ・オサリバンが参戦するなど話題が豊富だっただけに、放送されて嬉しい限りだ。

この調子でプレミアスヌーカーリーグやモスコニカップなどもヨロシクです>Jスポーツさん。

参照URL。
2006 World Pool Masters
J SPORTS 2006ワールドプールマスターズ
オンザヒル: ワールドプールマスターズ
[PR]
by barry_lions | 2006-08-30 00:27 | Up The Cue Sports!
2006年 08月 29日
Barry Sanders
NFL開幕スペシャルというわけで、懐かしのBarry Sandersの映像を。
「Barry Sanders」や「バリーサンダース」で検索してくる人が、今でもいるのが少し嬉しい。

Barry Sanders
Barry Sanders
barry sanders
似たような映像が多いがお気に入りは、↑これかな?
パワフルに駆け抜けるというわけではなく、スピードと柔らかく鋭いカットでディフェンスの間をスルスル抜けていく感じが気持ち良い。
パワフルなイメージは無いものの、当り負けしないのも魅力。

以下は、映像的には同じモノが多いが、BGMが違ったりするので、気分でどうぞ。

Barry Sanders
barry sanders owning
Barry Sanders
Barry Sanders

追記。
タイトルがほとんど一緒なのは、こちらのせいでは無いので、ご了承を。

追記2。
「NFL開幕スペシャル」みたいな番組をG+で放送されていたけど、ありゃ何だ?
全然「開幕スペシャル」じゃないじゃん。
[PR]
by barry_lions | 2006-08-29 12:02 | NFL
2006年 08月 25日
Tour de France@YouTube - part 1
a0011865_18115265.jpg今週末から、いよいよブエルタ@生中継が始まる。
そんなわけで(?)、ツールの動画をいくつか紹介。

まずはコレ。
Dave Watson (freeride) tour de france
直接ツールとは関係が無かったりするけど、凄いなぁ、コレ。
で、Dave Watsonって誰だ?
多分この人なのかな↓
Race Face | Freeride Team - Dave Watso

着地に失敗しているけど、ヘルメットにカメラを取り付けているみたいなんで、そっちの映像も見てみたいと思いつつも、これって、かなりの迷惑行為。

次はコレ。
Hollentour Trailer
日本でも話題になったツール映画の一本で『マイヨジョーヌへの挑戦』の方の予告編みたいだ。
配給元のUPLINKに予告編ってあったっけ?
あそこのサイトは分かりにくい。劇場も分かりにくかったけど。。。

最後はコレ。
Tour de France 2006 final stage, on the Champs-Elysees in Paris, France.
今年のツール最終ステージの様子だ。
一分後とかの編集が面白いけど、最後が動画で無くなっているのが残念。
でも、雰囲気はバッチリ伝わってくる。

リンク集。
[PR]
by barry_lions | 2006-08-25 18:10 | Bicycle
2006年 08月 25日
手賀沼トライアスロン。
a0011865_17425416.jpgなんと今週の日曜日(8/27)、手賀沼でトライアスロンが開催される。
手賀沼トライアスロン

手賀沼といえば、27年間連続で汚い沼の王者を守ってきた沼だ。
驚いた事に現在は、王者を譲り渡して、ワースト5にも入っていないとのこと。
確かに、手賀沼サイクリングロードを走っていても、昔の様な匂いに悩まされる事は無い。
太陽に照らされた手賀沼は、とても綺麗な印象がある。
が、それでも泳ぐのは、まだ早いだろう?と。。。

手賀沼トライアスロンのサイトによると、「過去2年間試泳を繰り返し」て来たそうだ。
凄いなぁ~というか、チャレンジャーだなぁ~。
コースを見ると、いつも走っているコースで、なかなか興味深い。

時間があったら、観に行こうかな?とも思うけど、スタートが早いんだよなぁ~。

手賀沼浄化といえば、北千葉道水路によって、劇的に変化したらしい。
利根川からの水の流し込みであって、根本的な水質の改善にはなっておらず、なおかつ生態系が変わってしまっているという批判もあるみたいだけど、あの汚い沼のままよりはマシなのかな?

ともあれ、手賀沼トライアスロン。
早々に定員に達するほどの人気らしい。
毎年開催されるかは知らないけど、浄化とその知名度アップに貢献してくれれば、嬉しいなぁ~と。
そんでもって、北柏方面と布佐方面がそのまま利根川サイクリングロードに繋がるようになってくれると嬉しい。計画中ではあるみたいだけど。

参照URL。
手賀沼トライアスロン
手賀沼 - Wikipedia
[PR]
by barry_lions | 2006-08-25 17:43 | Bicycle
2006年 08月 25日
google video。
面倒なので、google videoもYouTubeと同じタグで、
ネタ的にはちょっと古いけど、二つ。

Star Trek Cribs - The Director's Cut
al Life simpsons very well made intro starring real life people

スタトレの人形劇の方は、何だろう?
色々とコネタを挟んでいて面白いけど、TNGだともっと良かったな?と個人的には。

リアルシンプソンズは、イギリスでの放送に合わせて作成されたCMだとか。
なるほど、レベルが高いわけだ。
[PR]
by barry_lions | 2006-08-25 00:12 | Memo
2006年 08月 25日
亀田フィーバーの生かし方。
因縁の相手との再戦が決定した。
予想と展開は前回と一緒。
そんな数ヶ月で状況が変わるわけも無いでしょ。

勝敗予想は
ミスターローブロー。
相手は、階級を上げてきたフアン・ランダエタ。
ミスターローブローは、階級を下げての王座挑戦なだけに、地元でもあり、かなり有利なポジションだ。それでも、今までよりは苦戦するはず(裏工作とかが無ければね)。


展開予想は
ミスターローブロー(第1章?)。
力強く打ってくる亀田に対して、最後まで力を抜いたパンチで試合を組み立てる。
(ランダエタは)試合の組み立てと有効打で流れを上手に組み立てていたものの、亀田の攻勢に沸く会場に決定打は無いものの亀田の印象的なコンビネーションを考えると、判定では明らかに不利になる展開


あの試合展開だとランダエタからKO勝ちが出来るとは思えないし、ランダエタもまたKO勝ちが出来るとは思えない。
まぁ~、亀田の判定勝ちだろう。
亀田陣営としては、他のランカーとの対戦で無く一安心といったところか。

それより何より亀田のブログに、相変わらずなコメントが載っている。
誰がランダエタごときに逃げるねん!アホか!
俺は試合が終わった時に親父と話して、
次は再戦するってことをすぐに決めてた。
それも次は12月やったら、ランダエタごときに期間が空きすぎるから、
俺は10月にやりたいって言うた。
ほんまはできるもんなら今からでもええねん!
~中略~
俺が納得するまで10回でも20回でもやったるよ!
あいつだけは絶対に許さんから!
本当に本人が書いているかは知らないけど、公式のブログだから、亀田陣営の発言ではあるわけだ。

なんだか亀父がガッツなんかと話した時と再戦のトーンが違うのは気のせいか?
まぁ~、どうでも良いけど。。。
亀父といえば、「弱い相手とばかり戦っているというが、それならそのボクサーと戦ってみればいいじゃないか」と発言していた。
残念ながら、ローブローの対戦相手の何人かは、敗戦が多い為、もしくは八百長の疑いがある為に日本への招聘が禁止されている。
この禁止されているのは、ボクシング界の話なわけで、これを上手くプロレスで利用しないもんかね。

幸い(?)最近の日本プロレス界は小型化が進んでいるので、体重がかけ離れていても、見た目的には釣り合いが取れるレスラーが何人もいるだろう、多分。
売り出しのレスラーに使うのはマズいけど、ネタ系のレスラーとしては、世間に売り出すには丁度良いのでは?

ドラゲーとかだったら、ストーカー市川と懐かしの異種格闘技戦とか、ディーノやメカマミーとかの知名度アップに利用しちゃえばいいじゃん。
それこそがプロレスのプロレスらしい生き方だろうし、売名行為と批判されても気にすることは無い。
興行関係の裏で、圧力かけられたら問題あるけど。
# ハンサムみたいに色物みたいだけど、実は本格派みたいなレスラーは、絡まない方が良かったりするかも。

それから、もう一つ面白かったのは、
大毅の試合前は、大毅の対戦相手が偽チャンピオンとか、
チケットが売れないとか、書いてたらしいやん。
大毅の相手は正真正銘の現役のチャンピオンやったやん!
とコメントしているが
(パエスの戦績を発表した)インドネシア・ボクシング・アソシエーションのフタバラ事務局長は
「現在のチャンピオンはパエスではなくアニス・セウフィンだ」と語った。
セウフィンは共栄側が提出した戦績資料で昨年1月バエスに勝ったとされているボクサーだ。しかも、フタバラ氏は共栄側が提示した資料にある同団体の代表者について「彼は半年前に辞めている」と言うのである。資料には今年7月の日付があることを伝えても、「彼は辞めている」と繰り返した。
ただし、フタバラ氏は「インドネシアには主なボクシング団体が3つあり、チャンピオンも2種類ある」という説明を付け加えた。
そこで、インドネシア国内にあるもうひとつの全国規模の団体『インドネシア・ボクシング・コミッション』に問い合わせてみると、何とこちらは『フライ級の王者はウィド・パエス』と答えたのである。
 しかし、いつ、どのような経緯で王者になったのか質すと『よくわからない』という。
よくこういうボクサーを探して、来日させるよなぁ~。
この辺りはプロレスも見習わないと。。。
[PR]
by barry_lions | 2006-08-25 00:12 | Battle
2006年 08月 22日
YouTube
最近話題のYouTubeなので、タグも作ってみた。

著作権等の問題もあるので、いつまでこの繁栄が続くかが分からないが、とりあえず面白い作品も沢山あって見逃せない。

プロレスを例に取れば、違法なデータを一掃したWWEと、YouTubeを宣伝として利用しているTNAと対応も様々だ。
日本でも極楽トンボ事件で、加藤号泣シーンが一斉削除されたのが記憶に新しい。
思うのだが、最初からスポンサーロゴを画面の右下辺りに常駐させておけば、それはそれで新しいスポンサーが付くかもしれない。
もちろん、著作権は放棄せずに。。。

さて、そんなYouTubeを一番上手に利用したのは、Matt Hardingだろう。
Where the Hell is Matt?

Deep Forestの楽曲とマットの奇妙な(?)ダンスが、世界中を駆け巡る。
特にノルウェーのKjeragboltenは圧巻。

本来は、Where the Hell WAS Matt?という作品を学生時代に作ったのがキッカケで、Strideなるチューイングガム(?)のメーカーが、お金を出すからと依頼されたのが、上記の作品。

この辺りは、Matt Harding On Good Morning Americaでインタビューされている。

YouTubeの面白いのは、人気のある作品にはレスポンス作品が出来る所。
まぁ~、パロディなんだけど、Response to Where the Hell is Matt !なんかは面白い。

そんでもって、Where the Hell is Jesus ?なんかは衝撃的。
いや~、本当にビックリした。

ここのブログもEmbedの埋め込みが出来ればいいのに。

Matt Harding
Matt Harding
Where the Hell is Matt?
Where the Hell WAS Matt?
Matt Harding On Good Morning America
Response to Where the Hell is Matt !
Where the Hell is Jesus ?
[PR]
by barry_lions | 2006-08-22 18:03 | Memo
2006年 08月 22日
Magnum-force
a0011865_1656533.jpgG+で今月放送されたプロレスクラシックは、1982年に行われた世界最強タッグ決定リーグ戦。

参加チームは
超獣コンビのハンセン・ブロディ組。
人気兄弟タッグのファンクス組。
全日最強師弟コンビの馬場・鶴田組。
スヌーカーの変わりに病み上がりの右利きのテリーが急遽参戦のレイス・スレーター組。
龍原砲以前の天龍・原組。
ミッドアトランティック代表のスティムボート・ヤングブラッド組。
白星配給係の上田・スーパーデストロイヤー組。

続きを読む。
[PR]
by barry_lions | 2006-08-22 16:57 | Battle


    


アクセス解析