2004年 04月 09日
K-1 WORLD MAX@2004.4.7
K-1 WORLD MAX 2004 ~世界一決定トーナメント開幕戦~

カードが発表された時点で、疑問だらけの今回の大会。
現在、日本のメジャー格闘技の中で唯一まともな興行だと思われてきた「K-1 MAX」。
プロレス化しているヘビー級のK-1に、いまだにプロレスファンを引き込んで興行を行うためにレベルが落ちるプライド。
それに比べると、日本人だけでも選手層の厚いこの階級。まだまだ楽しみのカードは沢山ある。
今回、K-1 WORLD MAXに初参戦のジョン・ウエインがラドウィックとの対戦というのも楽しみのカードの一つである。

果たして最初の疑問は、、、そのまま興行への疑問へとなってしまった。
その疑問の焦点は「判定」だ。

アルバート・クラウス vs ジャダンバ・ナラントンガラグ
3R終了時に1-0でドロー。
延長Rは3-0でクラウス。
結果、クラウスの判定勝。

う~ん、判定の基準が分からない。
3R終了間際の減点も「いかにも!」という感じだったし、本戦でクラウスにつけている人もいた。
たしかにモンゴルのナラントンガラグは、パンチを受けすぎだが、K-1は手数とダメージだと優勢なのはどちらなのか?またマストシステムなのか?

そして、メインも同じ問題が。。。

魔裟斗 vs セルカン・イルマッツ
3-0で魔裟斗の勝利。
この結果はともかく、フルマークで魔裟斗の勝利にしていたジャッジがいたのにはビックリ。
う~む、悩む。

そして、この日一番の楽しみにしていたジョン・ウェイン・パー vs ドゥエイン・ラドウィックはダイジェスト。
評判の良いブアカーオ・ポープラムックもダイジェストだったし、、、
コヒの試合はつまらなく、山本“KID”徳郁の相手はイージーすぎる。
う~ん、頼むよ>K-1&TBS。

あっ!BJペンが来日しているのには驚いた。
[PR]
# by barry_lions | 2004-04-09 00:54 | Battle
2004年 04月 08日
川口外相
「アラファト氏殺害」懸念 外相にパレスチナ評議員

抜粋。

 これに対し川口外相は「事態をエスカレートさせてはいけないと直接イスラエルに申し入れている」と説明。「暴力と憎悪の悪循環に陥らないよう努力することが大事だ」と指摘した。

抜粋終わり。

いや、もう悪循環に陥っていて、そこから抜け出す解決策を考えるのが問題なのでは?と軽く突っ込んでみたりする。


ウラン濃縮の停止を確約 イランがIAEA事務局長に

これでとりあえずは「イランの転換施設稼働を非難 英独仏が共同声明」を回避したのかな?


シャロン首相による暗殺の威嚇、恐れていない=アラファト議長

なんどもアラファトはこんな危機を乗り越えてきたけど、イスラエル側としては殉職者にしない方が良いと思うけど。。。
[PR]
# by barry_lions | 2004-04-08 17:16 | Middle East
2004年 04月 08日
ブレイカーズ我孫子店。
久しぶりにホームにしていたブレイカーズ我孫子店に行ってみた。
このお店は最近、20台近くあったビリヤード台を7台に減らし、空いたスペースをネット&マンガカフェにしている。
# そんなわけで、最近は全然通っていなかった。

サービスが変わったので、当然料金形態も変わっており、以前は平日ならどの時間も3時間1200円のパックで1ドリンクがサービスされていたが、現在は午前5時~午後5時までの3時間を980円(+1ドリンク)となっていた。
平日に休みの人にとっては安くなったが、9時~17時の仕事をしている人にとっては、通常料金しかなく値上がりした感が否めない。
実際、久しぶりに行った火曜日(4/6)はガラガラで、お客が入っても常連さんという感じではなかった。
最悪なのは、ネットカフェもガラガラだということ。このままでは、お店自体が無くなってしまうのではないか?とさえ思えてくる。
ましてや、近くのタワーでは12時~19時の間に撞き放題1000円という破格のサービスをやっており、平日休みの仕事をしている人や学生はこちらに流れる(実際、昼間なのにソコソコのお客さんがいる>タワー)。

家から歩いて数分という好条件だったこの球屋さんも、無くなると考えて、本格的に違うホームを探さないといけないなぁ~と実感した一日でした。
[PR]
# by barry_lions | 2004-04-08 15:25 | Up The Cue Sports!
2004年 04月 08日
インティファーダ。
ここ数時間のイラク関連をピックアップ。

<サドル師>非暴力一転、なぜか「反米闘士」に

昨日もとりあげたがサドル師に関する話題。
イラクのシーア派の反米は今のところ彼が鍵を握っているもよう。


フセインをカタールへ極秘移送、イラク情勢緊迫化で

ザルカウィ氏の音声テープ、「おそらく」本人=CIA

イラク駐留米軍部隊の一部、予定の帰国を延期する可能性=国防長官

イラク、民衆蜂起は起きていない=米統合参謀本部議長

抜粋。
 アナリストは、「最悪のシナリオ」として、ここ数日の衝突が、スンニ派やシーア派の暴動につながる恐れがある、との見方を示している。

 ケイト研究所の国防アナリスト、チャールズ・ペナ氏は、「現在のイラク情勢は、スンニ派に加えて、シーア派も暴力による抵抗に関与し始め、最も治安の良いイラク南部にまで衝突が拡大するという最悪のシナリオに向かっている」と指摘。「(さらに状況が悪化すれば)米軍は、ヨルダン川西岸を占領したイスラエル軍と同じ状況に立たされる。暴動を抑圧するための軍事行動が新たな暴動を生み、際限のない暴力の応酬が続く」と述べた。

抜粋終わり。

駐留米軍の一部帰国を延期しながらも、民衆蜂起は起きていないとしている。
つまり、反乱軍の攻撃が予想以上だということを認めているのだろうか?
もし、米軍の発表を信じて民衆蜂起が起きていないと仮定して、これから民衆蜂起が起きた場合、収拾がつかなくなる。
インティファーダが始まり、反米軍がそれに乗じて攻撃を開始すると、今のイスラエルのように世界的な世論を敵に回す覚悟が必要になる。
今度の大統領選の結果がどうなっても、米軍は身動きが取れなくなるのでは無いだろうか?


イラク駐留米軍、米軍によるファルージャのモスク空爆を確認

そして、米軍によるモスク空爆。
正当な理由よりも、モスクを攻撃したことに、ファルージャの反米感情を刺激するということは想像に難くない。
[PR]
# by barry_lions | 2004-04-08 13:07 | Middle East
2004年 04月 08日
24
フジテレビで深夜に集中放送中の24を観ている(といっても、今日は総集編なのでお休みだが)。

娘を人質に捕らわれ、ある人物を殺せと命じられる。
周りに伝えたいが、誰が味方で誰が敵かの区別がつかない。
意外な人物が敵の仲間であったり、意外な人物が味方をしてくれる。
そして、劇中の時間は物語の時間そのままである。
その映画は90分、そう90分以内に解決しないと人質の娘の命が危ない!
って、上記はジョニー・デップ主演のニック・オブ・タイムのあらすじです。

う~ん、そのままの気がするのは気のせい?
このドラマの斬新なところは、1話が1時間なので1クール24話でまる一日で話が終るということ。
ストーリーは時間に追われる為に、強引な展開が否めないが、飽きさせないのはさすが。

それよりメインキャストやゲスト陣に見覚えのある顔がチラホラ。
テリー・バウアー役の(レスリー・ホープ Leslie Hope)は、DS9にゲスト出演していたらしいが(キラの母親役?)、記憶に無い。

スタートレック関連なら、大統領候補の妻役にキャシディ・イエイツ(ペニー・ジョンソン Penny Johnson)が美味しい役で登場。
DS9では、シスコ館長の恋人~再婚相手という美味しいかどうか微妙な役どころだったので、今回は良いのでは?シーズン2にも名前が出ているしね。

ゲストとなるともっと豪華。

デニス・ホッパーやルー・ダイアモンド・フィリップスに加え、アラン・ヨーク役(といっても仮名だけど)に『超感覚刑事ザ・センチネル』ジム・エリソン。

そして、、、キタ~!エド・ダンバース検事だぁ~!Zeljko Ivanek
24のアンドレ・ドレーゼンはOZのデブリン州知事をもっと悪くした感じ。
エド・ダンバースは大好きなんだけどなぁ~。

Homicide関連なら、第2シーズンからジュリアナ・コックスことMichelle Forbesが登場するみたいで、こちらも楽しみ!

結局、見ているということは、なんだかんだ言ってもハマっているって事だね。
[PR]
# by barry_lions | 2004-04-08 01:08 | TV Drama


    


アクセス解析